ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

Galaxy S8 / S8+が中国で認証を取得、6GB RAMモデルも存在

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Samsung の次期フラッグシップスマートフォン「Galaxy S8」「Galaxy S8+」の中国モデルが工信部の認証を取得し、主要スペックが明らかになりました。認証資料に記載されている情報の中で注目されるのはメモリ容量です。SM-G9500 と SM-G9550 はどちらも「4GB / 6GB」と表示されており、初の 6GB RAM モデルの存在が確認されました。内蔵ストレージの方は「64GB / 128GB」となっています。また、ディスプレイは 5.8 インチまたは 6.2 インチ 2,960 x 1,440 ピクセルの AMOLED ディスプレイで、筐体サイズは、Galaxy S8 が 148.9 × 68.1 × 8.0mm / 152g、Galaxy S8+ が 159.5 × 73.4 × 8.1mm / 173g でした。意外と厚みはあるようです。プロセッサは「2.45GHz のオクタコア」なので、Snapdragon 835 の可能性があります。このほか、背面に 1,200 万画素カメラ、前面に 800 万画素カメラ、3,000 / 3,500mAh バッテリーを搭載し、Android 7.0 Nougat で発売される模様です。Source : cnBeta

■関連記事
富士通、「ARROWS M01」のソフトウェアアップデートを開始
InstagramのAndroidアプリでステータスバーのアイコンが見やすくなる
ソフトバンク系MVNOサービス「b-mobile S」と「U-mobile S」はAXGP(TD-LTE B41)非対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。