ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ソフトバンク系MVNOサービス「b-mobile S」と「U-mobile S」はAXGP(TD-LTE B41)非対応

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ソフトバックの LTE と WCDMA をサポートしたエリアでデータ通信を行うことができるとして 3 月 22 日よりサービスの提供が開始された日本通信の MVNO サービス「b-mobile S」と U-NEXT の「U-mobile S」ですが、AXGP(TD-LTE B41)は対象外ということが判明しました。これは各サポートセンターへの問い合わせで判明した公式情報です。日本通信と U-NEXT はこのことを認識していたようですが、それぞれ「ソフトバンクのサービスエリアでご利用いただけます」として詳細な対応周波数は公開していませんでした。そしてサービス開始後に一部で b-mobile S や U-mobile S による AXGP での通信が行えないとの噂が流れたことから、今回それぞれのカスタマーサービスに独自に問い合わせを行ったところ、AXGP は対象外との回答を得ることができました。ソフトバンク系 MVNO の b-mobile S や U-mobile S が AXGP を対象としていない理由は、AXGP がソフトバンクグループ傘下の Wireless City Planning が保有する周波数で、厳密にいうとソフトバンクが保有する周波数ではないためだそうです。b-mobile S や U-mobile S は iPhone と iPad 専用としてサービスを提供していますが、実は SIM ロックが掛かっていない Android でも利用できることを先日ご紹介させていただきました。しかし結局 AXGP は対象外となるため、Android に b-mobile S や U-mobile S の SIM を挿しても AXGP での通信を行うことはできないので注意してください。

■関連記事
富士通、「ARROWS M01」のソフトウェアアップデートを開始
InstagramのAndroidアプリでステータスバーのアイコンが見やすくなる
Galaxy S8 / S8+が中国で認証を取得、6GB RAMモデルも存在

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。