ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ベッキー『英国王のスピーチ』製作陣の新作『LION/ライオン ~25年目のただいま~』TVスポットに起用

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ベッキー『英国王のスピーチ』製作陣の新作『LION/ライオン ~25年目のただいま~』TVスポットに起用

 2017年4月7日より全国ロードショーとなる映画『LION/ライオン ~25年目のただいま~』。このTVスポットにタレントのベッキーが起用される(https://youtu.be/ROvf2NQ7uwM)。

ベッキー 写真

 25年間迷子だった男が、Google Earthを駆使して生まれ故郷を探したという驚愕の実話を、『英国王のスピーチ』の製作陣と、デヴ・パテル、ルーニー・マーラ、ニコール・キッドマンら豪華俳優陣で描く本作。【第89回アカデミー賞】にて作品賞、助演男優賞(デヴ・パテル)、助演女優賞(ニコール・キッドマン)、撮影賞、脚色賞、作曲賞の計6部門にてノミネートされ、ずっと自分のルーツを探し求めていた男が、人生を自分の手に取り戻し、新しい、希望に満ちた未来への一歩を踏み出す姿が圧倒的な感動を呼び起こすと話題になっている。

 そして、仕事に対して並々ならぬプロ意識を持ち、情熱を注いできたベッキー。休業期間中も仕事への情熱は消えることがなく、復帰後は今まで以上に彼女の魅力が発揮され、たちまちテレビ出演が増えている。そんなベッキーの前を向く姿が、映画のメッセージとリンクするということから、今回の起用が決まった。

 映画をまっさらな気持ちで観たいと、前情報を一切入れず、1シーン1シーン、メモを取りながら丁寧に作品を観賞しTVスポットの収録に挑んだベッキー。彼女の素直な感情があふれだす爽やかなTVスポットに仕上がった。このTVスポットは4月1日からオンエア予定。

◎公開情報
映画『LION/ライオン ~25年目のただいま~』
2017年4月7日(金)TOHOシネマズ みゆき座他全国ロードショー
製作:イアン・カニング『英国王のスピーチ』
監督:ガース・デイヴィス 
出演:デヴ・パテル『スラムドッグ$ミリオネア』/ルーニー・マーラ『キャロル』/ニコール・キッドマン『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』
提供:ギャガ、テレビ東京
配給:ギャガ
(C)2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia
<STORY> オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー。しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。 インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ――。成人し、幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。サルーが抱えた心の大きな穴は、彼を飲みこまんとするほど増大し、遂に彼は決意する。人生を取り戻し未来への一歩踏み出すため、そして母と兄に、あの日言えなかった“ただいま”を伝えるため、「家を探し出す――」と。手がかりはおぼろげな記憶と、Google Earth。1歩近づくごとに少しずつ蘇る記憶のカケラは、次第にこれまで見えなかった真実を浮かび上がらせていく。大いなる「探し物」の果てに、彼が見つけたものとは――。湧き上がる圧倒的な感動に、笑顔と涙が溢れ出す、驚愕の実話。

関連記事リンク(外部サイト)

ベッキー「ただいま帰りました」1年以上ぶりの歌声披露でハマ・オカモトとの共演も
ベッキー&ハマ・オカモト『スカパー! 音楽祭2017』番組MCに決定!第1弾ラインナップも発表
ベッキー「皆さんに応援される恋愛がしたい」1万字インタビュー掲載『with 2月号』メイキング&インタビュー動画公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。