ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

赤文字で染まる損益計算書。生体販売から譲渡活動に転換した苦悩

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
1

卒業生のミニーは恥ずかしがり屋。

アニマルライフの竹堂(たけどう)です。
今日は3月22日(みゃー月にゃんにゃんの日ですね)。晴天でとても暖かい気候です。花粉症の僕にとってはとてもつらい1日ですが皆さんにとってはどんな一日でしたか?

さて、本日第2回目のコラムは、東京から岡山へ新幹線で移動中に執筆中です。第1回目のコラムでは「アニマルライフ」が「ペットショップを卒業」し、生体販売を止めて譲渡活動に転換したこと、事業運営という形態を取り船出したことに触れました。今回以降は、「アニマルライフ」代表に就任してからのことを少しずつお話したいと思います。

2016年10月に代表就任して、
「僕にできることは何だろう? 何も知らない僕が。何の力もない僕が。
メンバーのために、悲しい目にあってきた子たちのために、何ができるんだろう?」
僕はそんなことを考えていました。

まずは、当たり前のことなのですが2つのことを始めました。

① 従業員との対面での面談
② 事業が置かれている状況(数値)の把握

「ペットのジャングル」時代から勤務してくれているメンバー、新たに入社してくれた獣医師、トリマー、看護師。総勢30名との面談は、僕にとってとても有意義な時間でした。経営素人の僕に対して警戒心もなく、ただただ素直に一つ一つの質問に応えてくれたメンバーたち。面談で僕自身が一番確かめたかったこと。
それは・・・
「皆が動物たち(にゃんこ、わんこ)のこと」を本当に好きなのかな?という点でした。
「ペットショップを卒業」し、新たに「ペットの複合施設」としてサービスを見直し、店舗や病院をリニューアルすることは、資金があれば実現できる(実現しやすい)と思います。ただし、その中身、つまりは従業員の「にゃんこ、わんこ、ご家族に対する気持ちや思いやり」が店舗やサービスに入っていないと、ただの箱であり、ただのサービスになってしまう。そう思ったからです。

もちろん3日間の面談で、そんな僕の心配は吹き飛びました。温かな気持ちを持ったメンバーの集まりであることが確認できた面談でした。

皆さんは、生体販売を止めた、ペットの複合施設は事業として成り立つ?と思われますか?僕自身は、就任前、全く想像がつかない状況でした。面談と平行して、事業状況を把握することに努める過程で、マイナスと赤文字で染まる損益計算書と対峙し、現状の「アニマルライフ」の事業運営状況が散々たるものであることを直視しました。分かりやすく説明すると、「お財布にお金が入っていない状況」に近い状況。

本当に生体販売を止める選択を選んだ「アニマルライフ」を、再生できるのか?働いているメンバーを幸せにできるんだろうか?譲渡活動を継続し続けることができるのか?

眠れない日々がスタートしました。
2

卒業生の なっちゃんはいつも顔を隠して寝てました。今は、里親さんのご自宅で幸せに暮らしています。

3

続きは第3回コラムにて

 

著者:アークス竹堂佳紀

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
にゃんこマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。