ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・ソング・チャート】エド・シーランが9週目のNo.1、ドレイクが24曲エントリーの快挙

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【米ビルボード・ソング・チャート】エド・シーランが9週目のNo.1、ドレイクが24曲エントリーの快挙

 エド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」が、通算9週目の首位獲得を果たした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 先週2位に浮上したブルーノ・マーズの新曲「ザッツ・ワット・アイ・ライク」が入れ替わり、首位に立つかが注目されたが、主要部門を制覇し、今週もエド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」がNo.1を死守した。一方、この曲が収録されたアルバム『÷』(ディバイド)は2位にダウンし、ドレイクの新作『モア・ライフ』が首位デビューを果たしている。

 本作『モア・ライフ』からは、昨年10月にリリースされた先行シングル「フェイク・ラブ」が最高位8位をマークするヒットを記録。今週のソング・チャートでは、アルバムのリリースを受けて、先週の31位から15位に急上昇している。

 「フェイク・ラブ」の他には、8位に「パッションフルーツ」、9位に「ポートランド」の2曲がTOP10入りを果たし、TOP10以下にも、アルバムに収録された22曲全てがランクインする快挙を成し遂げている。その他にも、フィーチャリング・アーティストとして参加した、グッチ・メインの「ボス」が58位に、ニッキー・ミナージュの「ノー・フローズ」が84位にランクインし、TOP100中、計24曲を送り込む凄まじい記録を打ち立て、チャートの1/4をドレイクの楽曲が占める、異例のチャートとなった。

 TOP10以下では、サム・ハントの新曲「ボディ・ライク・ア・バック・ロード」が16位に上昇。カントリー・シンガーの楽曲(シングル曲)としては、異例のヒットを記録している。その他、カイゴ&セレーナ・ゴメスの「イット・エイント・ミー」が20位に、ゼッド&アレッシア・カーラの「ステイ」が21位に上昇。「バッド・アンド・ブージー」が3週の首位をマークしたミーゴズの新曲「Tシャツ」も25位に、順調にランクアップしている。

 昨年末、フィフス・ハーモニーを脱退したカミラ・カベロとのデュエット曲「バッド・シングス」(39位)をヒットさせた、マシン・ガン・ケリーの新曲「アット・マイ・ベスト」が88位にデビューした。この曲は、「スターヴィング」などのヒットで知られる女性シンガー、ヘイリー・スタインフェルドがフィーチャリング・ゲストとして参加していて、「バッド・シングス」に続くTOP10入りが期待されている。

 次週は、24日にリリースされた、元ワン・ダイレクションのゼインと、人気ラッパー、パーティーネクストドアとのコラボ・ソング「スティル・ゴット・タイム」が初登場する。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、22日22時以降予定となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「シェイプ・オブ・ユー」エド・シーラン
2位「ザッツ・ワット・アイ・ライク」ブルーノ・マーズ
3位「アイ・ドント・ワナ・リヴ・フォーエヴァー」ゼイン&テイラー・スウィフト
4位「バッド・アンド・ブージー」ミーゴズ feat.リル・ウージー・ヴァート
5位「アイ・フィール・イット・カミング」ザ・ウィークエンド feat.ダフト・パンク
6位「トンネル・ヴィジョン」コダック・ブラック
7位「サムシング・ジャスト・ライク・ディス」ザ・チェインスモーカーズ&コールドプレイ
8位「パッションフルーツ」ドレイク
9位「ポートランド」ドレイク
10位「パリ」ザ・チェインスモーカーズ

関連記事リンク(外部サイト)

4月8日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
4月8日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
ドレイク、新作『モア・ライフ』から全22曲が米ビルボード・ソング・チャートにランクイン! 様々な記録を更新

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。