体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

吉田山田、ツアーファイナルで新曲披露&『吉田山田祭り』今年も開催決定!

吉田山田が2016年10月21日にデビュー7周年を迎えたことを記念して開催していたライヴツアー『吉田山田7周年記念7ヶ月7会場マンスリー企画「Over The Rainbowツアー」』。そのファイナル公演が3月25日に東京・ディファ有明にて行なわれた。
3月25日@東京・ディファ有明 (okmusic UP's)
2016年9月から毎月一公演ずつすべて異なるセットリスト、演出で行なっており、これまでもライヴペインティングを行なったり、紗幕に映像を投影したりと趣向を凝らした演出を披露してきた『Over The Rainbowツアー』。そのファイナルは『〜有明 コズミックダンスホール〜』と題して、吉田山田としては初めてサポートにDJを迎え、ダンスホールに見立てた演出で実施!  ターンテーブルが組みこまれたステージセットにはミラーボールが光り輝き、いつもの吉田山田のライブとは違った装い。満員御礼の会場へ向けて、開場時からDJ U-ICHI(HOME MADE 家族)がステージ上でプレイを繰り広げていた。

そして、ライブがスタート! お揃いのセットアップのダークスーツに身を包み、サングラス姿の二人が登場すると会場からは手拍子と歓声が沸き起こる。<シャラリラリシャラリララ>と歌い出すとフロアはまるでクラブにいるかのように総立ちに。山田義孝(Vo)の『踊れ東京ー!』『Over The Rainbowツアーファイナル! コズミックダンスホール! 最後までヨロシクー!』の掛け声に会場はヒートアップ。REMIX仕様にリアレンジされた「夏のペダル」に続いて、「水色の手袋」もきらびやかなアレンジが加わる。吉田山田の楽曲とHOME MADE 家族の楽曲を見事に融合させたDJ U-ICHIのDJプレイから、バンドチームが加わって「カシオペア」「涙流星群」となだれ込む。吉田結威(Gu/Vo)が『ディファ有明の皆さん準備OK? 今日、踊っちゃっていいからね? 最後までヨロシク!』と客席を煽り、アップテンポなナンバー「未来」「地図にない路」でフロアを沸かせる。

MCでは『5月24日、吉田山田、12枚目のニューシングルを発売いたします!』と先日発表になったばかりの新曲のリリースを改めて自分たちの口からファンへ報告。さらに『今日はね、特別に皆さんにその曲を披露したいと思います!』と新曲「街」をサプライズ披露。吉田山田史上、最もソリッドで感情を剥き出した楽曲に会場も釘付けになり、真剣に聴き入る。強烈なインパクトを残しながら、その勢いを加速させ「新しい世界へ」「押し出せ」と、どこまでも会場のボルテージをあげていく。会場を煽る2人に観客も拳を高く掲げてそれに応える。

『踊ってますね? 皆さん! ここからはゆっくり座って聴いてもらえたらと思います。』とクールダウンをしてバラードコーナーへ突入。『高校時代から二人で音楽をやってきたので、楽しい思いでここまでやってこられました。それだけでも幸せなことなのに、「日々」という曲を(YouTubeで)1,000万回再生していただいて、いろんな人が再生して観てくれたんだなって。ミュージシャン冥利に尽きるというか、ただ音楽をやっているだけでも幸せなのに、一人でも多くの方に拡がっているのを実感できるのを嬉しく思います。その曲を聴いてください。』と感謝を述べ、歌詞を一つ一つ紡ぐように「日々」を弾き語りで優しく歌い上げる。すすり泣きが聞こえてくるほどの静寂に包まれた会場に「僕らのためのストーリー」をアカペラで歌い始め、極上のハーモニーを届ける。さっきまで熱気に包まれていたフロアが一転、感動的な空気に包まれた。

『みんなと一緒にある対決をしたいんです』と2人はDJ U-ICHIの奏でるリズムに乗せてコールアンドレスポンス対決へ。客席を真ん中から左右に半分ずつ吉田サイド、山田サイドに分けて、それぞれ『マイクチェック!』『ワン! ツー!』のコールアンドレスポンスを繰り広げ、会場を大いに沸かせた。

『準備OK!? いけんの!?』と煽り、ダンサンブルな新曲「サンライズ」から後半戦へ突入。ミラーボールの輝きが宇宙空間を彷彿とさせる「ORION」、吉田山田のライブではお馴染みで客席中にタオルが舞う「イッパツ」、コズミックバンド!によるバンドセッションとDJ U-ICHIのプレイが生み出すダンスフロアさながらのリズムに、山田も身を委ねてステージを所狭しと踊り飛び跳ねる。ここまで激しいナンバーを立て続けに披露してもなお伸びやかな声で「YES!!!」「てんてんてんて」と畳みかけ、最高潮に達したフロアへ『サンキュー! 東京!』と深くお辞儀をしてステージを後にした。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。