体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2017年「住みたい街ランキング」関西版発表! 1位は「西宮北口」、2位は「梅田」

「住みたい街ランキング2017 関西」発表、1位は「西宮北口」、2位は「梅田」

リクルート住まいカンパニーでは、関西圏(大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・滋賀県・和歌山県)に居住している20代~40代の2100人を対象に調査した「みんなが選んだ住みたい街ランキング2017 関西版」を発表した。果たして、順位の変動はあったのか?

「西宮北口」「梅田」のワンツーは5年連続! 「なんば」が3位にランクアップ

今年も「住みたい街」ランキング1位は「西宮北口」、そして2位は「梅田」となった。

このワンツーの顔ぶれはなんと5年連続となり、まさに不動の2トップといえる。ただ今年のランキングで注目したいのは、「梅田」が得点を伸ばして「西宮北口」に迫る勢いをみせていること、さらに3位には「なんば」がランクアップしている点。特に「なんば」はこの2年間で大きく順位を伸ばしてきている。【図1】住みたい街(駅)総合ランキングトップ10(関西全体/3つの限定回答)出典:「みんなが選んだ住みたい街ランキング2017」リクルート住まいカンパニー調べ

【図1】住みたい街(駅)総合ランキングトップ10(関西全体/3つの限定回答)出典:「みんなが選んだ住みたい街ランキング2017」リクルート住まいカンパニー調べ

大阪を代表する2大ターミナル「梅田」と「なんば」、キタとミナミの繁華街が住みたい街としての求心力を高めているのはなぜか? そのヒントは3月21日に国土交通省から発表されたばかりの、2017年1月1日時点の「公示地価」からも読み取れる。

都道府県別では大阪府の地価上昇率(商業地)は5.0%と全国でトップとなる一方、全国・全用途での地価上昇率の上位5地点を大阪市内の調査ポイントが独占した。

●1位 41.3% 大阪市中央区道頓堀1-6-10(づぼらや) 価格400万円/m2

●2位 35.1% 大阪市中央区宗右衛門町7-2(クリサス心斎橋) 価格1290万円/m2

●3位 34.8% 大阪市北区小松原町4-5(珍竹林) 価格182万円/m2

●4位 33.0% 大阪市中央区心斎橋筋2-39-1 価格1100万円/m2

●5位 30.6% 大阪市北区茶屋町12-6(エスパシオン梅田ビル) 価格333万円/m2

この5地点はまさに「なんば」と「梅田」周辺の商業地、繁華街だ。

地価上昇の背景には、インバウンド(外国人観光客)の増加によるホテルや商業施設ニーズの急増がある。大阪観光局によると2016年に大阪を訪れた外国人観光客数は約941万人。2013年から4年連続で過去最高を更新しており、約263万人だった2013年との比較では、約3.5倍の増加!

その多くは「なんば」のある大阪ミナミエリアに滞在、もしくは通過しているものと考えられる。「なんば」周辺を実際に歩いてみると、外国人観光客をはじめとする人波であふれ、街がとても活気づいていることに驚くはずだ。

一方、「梅田」では、2013年に開業した複合商業施設・グランフロント大阪が商業だけではなく、ビジネスや文化拠点としてもその存在感を増している。この3月1日には、街開きから約3年10カ月で来場者が延べ2億人を突破した。インバウンド需要だけでなく、関西圏を代表する複合施設として「梅田」の求心力を高める一翼を担っているのだ。

「梅田」「なんば」は「梅田生活圏」「なんば生活圏」としてエリアを拡大中

ただ、「観光客や買い物客であふれる街は、住みたい街なのか?」という、素朴な疑問も感じるだろう。

確かに上述の地価上昇ポイントは繁華街のど真ん中で、「住む」というイメージとはほど遠い。しかし、「梅田」や「なんば」として認識されるエリアが広がっているとしたらどうだろうか?

例えば「梅田」では、グランフロント大阪の北側は地下鉄御堂筋線「中津」駅に近接しており、「中津」周辺ではタワーマンションの建設が続き、それらの物件名には「梅田」の名前が冠されているケースも多い。最寄駅は違うけれど生活圏は「梅田」という物件が増え、「梅田」エリアが北側へと拡大していると考えられる。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。