体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この春デビューのクラフトビール初心者に教えたい、オススメ&話題の銘柄【北千住びあマ】

f:id:Meshi2_Writer:20170201141644j:plain

北千住に楽しい場所を見つけました!

その名も「びあマ」。クラフトビールの専門店で、北千住駅から徒歩1~2分の好立地にあります。看板にあるとおり、スタンドバーとボトルショップの融合店。

つまり、 サクッとそこで飲むもよし 日本そして世界のさまざまなビールをじっくり選んで買うもよし

そんなお店です。

クラフトビール、最近ではコンビニでもよく見かけますよね。小規模の醸造所(=ブルワリー)で造られるこれらのビールは、造り手の「こんなビールが飲みたいんだ!」という思いが満ちています。

まさに“手づくり感”たっぷりの味わい。飲み比べると、個性の違いが如実に感じられますよ。

f:id:Meshi2_Writer:20170201140642j:plain

北千住に暮らす友人が「酒好きなら『びあマ』、行って損はないよ!」と教えてくれたんですが、いやーホント、友人に感謝。

単に「いろんなクラフトビールが飲める」という楽しさだけじゃなくてですね……いや、ともかくまずは、入ってみましょう。

店内在庫ナント1500種類!

f:id:Meshi2_Writer:20170201140851j:plain

手前がスタンドバーで、常時10種類のタップが楽しめます(日によって銘柄の変更等あり)。そして奧がショップ。こういう融合体、なかなかありません。

f:id:Meshi2_Writer:20170201140911j:plain

ケースで冷蔵された各国のビール、約1500種類! 「せっかくだから未知のビールを試してみたい」と思いつつ、もう迷うこと必至(笑)。

こういうときは、店員さんに相談だ!

f:id:Meshi2_Writer:20170201140944j:plain

びあマ ボトルショップ 店長、石田哲也さん。

お客さんの好みをうまく聞き取り、その人が好きそうなビールを提案してくれます。ワインでいえばソムリエのようなその仕事ぶり。私もはじめてうかがって、石田さんに好みのビールと引き合わせてもらいました。

おすすめを尋ねる場合、以下の2つのことを伝えるとスムーズにいきますよ。 日頃、好きで飲んでるビール 今まで飲んだことのあるクラフトビールで好きだったもの

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。