ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【稼げる資格】実例インタビュー「C言語のプログラミング力を確認できたことが、大きな自信に」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:keimanahensyu:20170301131627p:plain

誰もが稼げる資格はなくても、あなただから稼げる資格は必ずある。

資格選びで大切なのは、あなた自身の「これまでの経験」「今の興味」そして「将来のイメージ」と、どれだけしっくりくるか。

そこで、編集部が注目する資格について、「実際に資格を活用されている方」の実例をじっくり伺ってきました。実際に未経験から資格を取得し成功した人の話だから、リアルな活用の仕方がわかります。

今回は、「C言語プログラミング能力認定試験」を活用されている方にインタビュー。未来のあなたの声を聞いて下さい。

「C言語のプログラミング力を確認できたことが大きな自信に。

学んだ知識が作業の効率化につながるのを実感しています。」

帰宅後の勉強を1ヵ月間継続し

認定試験に見事合格

佐藤健司さんがC言語を究めようと思ったのは、C言語の知識は汎用性が高く他の言語にも応用できるから。入社1年目に新入社員研修を受けているとき、社内に資格推奨制度があるのを知ったという。

「大学時代はC言語に絞って学んできたものの、仕事の現場でどこまで通用するのか不安もありました。情報系の推奨資格にC言語プログラミング能力認定試験があるのを見つけ、自分の知識力を確認する意味も含めて受験を決めました」。

この資格は1~3級の3段階だが、佐藤さんが選択したのは2級資格。主催団体から過去問題集を取り寄せて勉強を開始した。当初は満点を目指すと意気込んだものの、主催団体のホームページに掲載されたサンプル問題に取り組んだ際には自信を失いかけたことも。「最初の正解率は50%前後。このままでは不合格になると思い、自宅学習を1ヵ月間続けて合格できました。本試験にはC言語を日常的に使っていないと解けない問題もあり、知識と作業能力の両方が試されていると感じました」。

現在、佐藤さんは㈱アルプス技研に所属し、大手IT企業のグループ会社で技術者として活躍する。資格を取得したことで自信がつき、仕事に対する姿勢も少しずつ変化しているという。

f:id:keimanahensyu:20170301131007p:plain

主催団体から取り寄せた過去問題集を中心に勉強したという佐藤さん。「問題演習に繰り返し取り組むのが効率的だと思います」。

ソースコードを正確に書くことで

ロスが減り作業工程が順調に進む

「C言語を使ってオペレーティングシステムを動かすソースコードを書くのが仕事ですが、構文の問題点を解決せずにプログラム変換を行うプログラマもいます。最初から正確な文法で書けば修正することなくテスト段階に進めるため、資格取得後は学んだ知識を活かして正確にコードを書くように心がけています」

今後はC言語の利点を活かし、他のプログラミング言語も学びたいと意気込む。

「C言語とJavaを使えるようになれば仕事の範囲が広がります。こうして経験を積んで、将来は上流工程に携わるプロジェクトリーダーにステップアップしたいですね」

いかかでしたか?あなたにとって「C言語プログラミング能力認定試験」は、新しい人生を切り開けそうな資格でしたか?資格という武器を手に入れて、あなたもぜひ稼げる力を手に入れてください。

構成/文 ケイマナニュース!編集部 取材・文/渋谷 勉 撮影(人物)/不破正史(エス・シー・プロ) 佐藤健司さん(当時24歳)

大学の情報工学部で学んだ後、高度技術サービスを提供する㈱アルプス技研に就職。 現在は大手IT企業のグループ会社に派遣され、技術者として活躍する。2015年7月に2級取得。

※この記事は2015年9月時点での情報を基に作成しています。

関連記事リンク(外部サイト)

職業カタログ~未経験から目指せる「ブライダル」に関わる仕事3選~
職業カタログ~未経験から目指せる「フラワー」関連業界の仕事4選~
職業カタログ~未経験から目指せる「動物、ペット,」にまつわる仕事4選~

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。