体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「オゥルベクプ…」聞こえてきたのは奇妙な産声。…もしや我が子はエイリアン!? by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。

長い妊娠生活や壮絶な出産を経てようやく訪れる我が子との初めての対面は、 多くの人にとって感動の一瞬だと思います。

私ももちろん感激はしたのですが……

f:id:akasuguedi:20170323003802p:plain

その前に数分間「我が子がエイリアンじゃないかと錯乱する」というワンクッション(?)がありました。 前回エピソード:分娩中に助産師さんがまさかの和痛否定!「先生…追加の麻酔を打ってくれ!」 by ユーラシア

息子が遂にこの世に誕生した瞬間、聞こえてきたのは、お馴染みの元気な「オギャー!」ではなく

「オゥルベクプチュアァ」というような、篭った声。

人間の声というよりは、動物の鳴き声のような、機械音のような、不思議な音声でした。

産声は幼児の泣き声とは違うわけで、クリアな大声でなくても当然かもしれませんが、私は「今の声なに!? なんか……想像と違う!!」と一人で大パニック。

人間ではないエイリアンのようなものが生まれてしまったのでは!?と、今では馬鹿馬鹿しくてとても信じられないけど、本当に本気で焦りました。

「だって、体内で勝手に(ではないか……)誕生して、勝手に栄養を吸い取って大きくなって、 人のお腹をどんどん膨らませて、母親も知らない間に手足やら目や鼻やらを形成して、最終的に人間として出てくるって、ちょっと常軌を逸してる

何故か突然そう思えて、隣に寝かされているまだ見ぬ赤ちゃんがとても恐ろしい存在のような気がしました。

自分が一人の人間をこの世に生み出したということがスーパーナチュラルすぎて、理性が吹っ飛んでいたのかもしれません。

赤ちゃんは私の隣のベッドに寝かされ体を拭いてもらっていましたが、混乱していた私はそちらを見ることができず、 反対側に立っていた夫に

「どう!? どんな顔してる!? ちゃんと赤ちゃん!?!? 代わりに見て!!!!」と縋り付いて大騒ぎしました。

夫は「何言ってるの? 赤ちゃんだよ」と困惑していたし、看護師さんはきっと苦笑いしていたことと思います。

だけど、数分間ギャーギャー騒いだ後、夫に促されて恐る恐る赤ちゃんの方を振り返ると、

f:id:akasuguedi:20170323003843p:plain

そこには、いたんです。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会