ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

絶景すぎる奈良・吉野山の桜、100%の楽しみ方教えます【2017年最新】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
絶景すぎる奈良・吉野山の桜、100%の楽しみ方教えます【2017年最新】 吉野山

春といえば、桜ですよね。そこで今回は、足を延ばしてでも一度は見たい、心ふるえる絶景桜をご紹介。

平安時代より桜の名所として詠われる吉野で、おさえておきたい見所や話題の電車、

濃厚な自家製豆腐が味わえるカラダに優しいランチなど、注目の情報を厳選ピックアップしています。

ぜひ気になる情報をチェックして、春のおでかけを楽しんでみてください。

記事配信:じゃらんニュース

吉野山【奈良県吉野町】

約1カ月にわたって見頃が続く、圧巻の桜景色。

吉野山

中千本の桜が満開になると華やかさが際立つ(昨年は4月上旬頃)

見頃/4月上旬~下旬

シロヤマザクラを中心に約200種3万本の桜が群生し、「一目千本」と呼ばれる桜の大パノラマが広がる。麓の下千本から順に開花するので見頃期間が長い。「四本桜」など名桜もあるので探してみて。

ライトアップ/3月下旬~4月下旬予定

まつり/HPを要確認ライトアップ

桜の開花に合わせてライトアップ。山全体が幻想的な光景に! 吉野山

TEL/0746-34-2522(吉野ビジターズビューロー)

住所/吉野郡吉野町吉野山

営業時間・定休日・料金/散策自由

アクセス/電車:近鉄吉野駅より徒歩すぐ

車:南阪奈道路葛城ICより45分

駐車場/200台(1500円)※3/25~5/7は交通規制あり(HP要確認)

「吉野山」の詳細はこちら

おさえておきたい見所

花矢倉展望台からの「上千本」

吉野山随一の絶景スポット。上千本の桜越しに、眼下に広がる中千本の桜と町並みを一望できる。中千本が満開の頃にぜひ訪れたい。

「上千本」

下から見上げる「下千本」

吉野山観光駐車場から眺めると、七曲り坂周辺の桜越しに下千本の桜を見渡せる。下千本から中千本を見上げる眺望もまた美しい。

「下千本」

「国宝仁王門大修理勧進秘仏本尊特別ご開帳」4/1~5/7

ご本尊の金剛蔵王大権現3体(重要文化財)を拝顔できる。高さ約7mの迫力は圧巻

国宝仁王門大修理勧進秘仏本尊特別ご開帳

「総本山 金峯山寺(きんぷせんじ)」の桜

世界遺産であり、かつては修験道の聖域とされた寺。檜皮葺き、高さ34mの蔵王堂(国宝)と「四本桜」との荘厳なコラボは必見。

総本山 金峯山寺 総本山 金峯山寺

TEL/0746-32-8371

営業時間/8時30分~16時30分(最終受付16時)

料金/蔵王堂拝観料大人500円、中高生400円、小学生300円(特別御開帳大人1000円、中高生800円、小学生600円)

「総本山 金峯山寺」の詳細はこちら

滝桜

滝桜。中千本から見上げる花矢倉付近は流れる滝のよう

豆富茶屋 林

濃厚な自家製豆腐を使った、カラダに優しいランチを。

豆腐づくし 膳 旨み際立つざる豆腐、小鉢3品が付く豆腐づくし膳豆乳ソフト

豆乳ソフトも濃厚

契約農家から届く国産大豆と大峯山系の水で作る自慢の豆腐は豆乳濃度が高く、大豆の旨みが凝縮。豆腐ハンバーグや絹厚揚げなど単品のほか、豆腐パフェなどスイーツも揃う。豆富茶屋 林

金峯山寺の近く。さらに徒歩5分の場所に製造工場の林とうふ店も 豆富茶屋 林

TEL/0746-32-5681

住所/吉野郡吉野町吉野山551

営業時間/9時~17時(LO16時30分)

定休日/火(4・11月はなし、祝日の場合は翌日)

料金/豆腐づくし膳1400円、豆乳ソフト300円(イートインは320円)

アクセス/吉野ロープウェイ吉野山駅より徒歩20分

駐車場/なし

「豆富茶屋 林」の詳細はこちら

吉野葛 八十吉

葛きりを味わい、桜モチーフの葛菓子をお土産に。

吉野天人 黒蜜で味わう葛きりと、干菓子にする前の生葛菓子が付く吉野天人桜花の干菓子 口の中でとろける桜花の干菓子テラス席からの桜絶景

テラス席からの桜絶景

1851年創業の老舗。自家製の吉野本葛を使った葛きりや葛湯などを味わえる。注文を受けてから作る葛きりはコシがあって喉越し抜群。桜花の干菓子は春爛漫の愛らしさでお土産にピッタリ。 吉野葛 八十吉(やそきち)

TEL/0746-32-8739

住所/吉野郡吉野町吉野山561-1

営業時間/10時~16時30分

定休日/水不定

料金/吉野天人(お抹茶付)1080円、干菓子・静ごのみ681円

アクセス/吉野ロープウェイ吉野山駅より徒歩18分

駐車場/4台

「吉野葛 八十吉」の詳細はこちら

近鉄観光特急「青の交響曲」

話題の電車で行くのもいいね!

近鉄観光特急「青の交響曲」 車体は自然風景と調和する濃紺ボディ近鉄観光特急「青の交響曲」 座席はすべて2列+1列の幅広デラックスシート車内販売メニュー(スイーツ)イメージ

車内販売メニュー(スイーツ)※料金別途※イメージ

昨年9月にデビューした、まるでホテルのような内装の観光列車で上質な大人旅を。ラウンジスペースやバー・カウンターもあり、柿の葉寿司など車内販売も充実。 近鉄観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」

TEL/06-6771-3105(旅客案内テレフォンセンター)

通常、大阪阿部野橋駅~吉野駅間1日2往復(原則水曜を除く毎日運行)

料金/大人720円、子ども(~12歳未満)370円

※全席指定、別途普通運賃

※4/1~23は運行区間・ダイヤに変動あり。期間中平日は橿原神宮前駅~吉野駅間1日1往復、4/8・9・15・16は大阪阿部野橋駅→吉野駅間1日片道1便、4/1・2・22・23は運休。※詳しくはHPを要確認

「近鉄観光特急「青の交響曲」」の詳細はこちら

写真提供/吉野ビジターズビューロー、近鉄日本鉄道株式会社

※この記事は2017年2月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

日本一美味しい「ナポリタン」とは?「カゴメ ナポリタンスタジアム2017」の日程&注目の一皿は
朝ヨガ、ミキモトコスメ、懐石料理…志摩で体験する贅沢女子旅【三重】
今週の人気記事ランキングTOP10(17/03/20~17/03/26)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。