体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仕事はかどる?コスパは?「キャンピングカーワーク」実践者にメリットを聞いた

テレワーク(在宅勤務)が広く浸透しつつある昨今、地方移住でもなく在宅ワークでもない新たな選択肢「キャンピングカーワーク」を実践しているBizer株式会社代表・畠山友一さん。

日中は仕事の合間にサーフィン、冬場は家族と毎週のようにスキー旅行と、そのワーク&ライフスタイルの伸びやかさに注目しました。

f:id:tyo-press:20170324162329j:plain

畠山 友一(はたけやま ゆういち)

2001年に株式会社富士通アドバンストエンジニアリング入社。2004年に株式会社リクルート(現:株式会社リクルートホールディングス)のFNXディビジョン(現在:株式会社ネクスウェイに分社化)に転職し、中小企業の業務効率化やマーケティング支援の業務に従事。2011年にグリー株式会社に入社。グリーアドバタイジング株式会社の代表取締役を経て、2013年株式会社ビズグラウンド(現:Bizer株式会社)を設立して代表取締役に就任。

キャンピングカーは書斎代わり

——畠山さんは「キャンピングカーワーク」をされていると伺いましたが、きっかけは何だったのですか?

f:id:tyo-press:20170327100335j:plain

もともと「キャンピングカーで仕事をしたかった」というわけではありませんでした。キャンピングカー購入の理由は、家族と過ごす時間をもっと増やしたかったためです。妻の仕事が多忙ということもあり私が子どもの送り迎えなどをしていていましたし、また個人で起業したばかりの頃だったので、オフィスに勤務する必要もなかったんですよね。

さらにその後集まった社員も偶然パパ・ママの社員が多く、16時になるとお迎えのためみんな帰ってしまう。そこで「オフィスをもつ意味ってなんだろう?」と疑問に感じ、一時期オフィスを持たずにそれぞれが自宅付近のコワーキング・スペースで働き、週に一度だけ集まるという働き方を具体的に検討したことがあったんです。そのときに私はキャンピングカーで働くというスタイルを選びました。

——実際にキャンピングカーワークをされていて、いかがでしょうか?

それが非常に快適なんですよ!唯一の後悔は「もっと早く買えばよかった」ということくらい。書斎代わりに自宅の駐車場に止めたまま利用しています。子どもがいる家庭で、都内で暮らしながら個室を持つのは現実的に厳しい方が多いと思うのですが、キャンピングカーなら毎月の駐車場代でワンルーム増えたようなもの。どこかへ出かけなくても、集中したいときはキャンピングカーで作業をしていますね。

あるいは、例えば日が昇る前に海へ出かけて早朝から車内で仕事をして、昼前にサーフィンをします。すると疲れて昼寝をしてしまうのですが、その後非常に頭がクリアな状態で仕事を再開でき、とても捗るんです。また通勤時間がないという点も、リモートワークの大きな利点だと思います。

f:id:kensukesuzuki:20170327162710j:plain

▲車内は完全なプライベート空間。電源などの設備も整えたため、作業するうえで不自由はないそうです。(画像提供:畠山友一)

選び方を工夫すれば、キャンピングカー購入のハードルは低め

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会