体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

創業57年の学生食堂「ハイライト」の「変わらぬもの」と「進化しているもの」【京都】

f:id:mesitsu_la:20170308220915j:plain

愛情の証しは大盛で。こんにちは。メシ通レポーターのナガオヨウコです。

今回は、京都で学生時代を過ごした人なら必ずと言っていいほど通っていた、そして現役の学生さんも通いまくっている食堂「ハイライト」のご紹介です。

京都の学生御用達「ハイライト」

ハイライトは京都市内に5店舗ある食堂。本店は京都大学近くの百万遍にあります。

他に、衣笠店(立命館大学近く)、御園橋店(京都産業大学の割と近く)、御池店(京都学園大学近く)、十条店(ビジネスマンとファミリー多め、駐車場あり)があります。

本店と御池店と十条店は直営で、他の2店舗はチェーン店です。

f:id:mesitsu_la:20170309133533j:plain

定食は530円〜、丼ものが490円〜と激安、しかもすべてのメニューがボリューム満点! 上記写真の定番メニューは全店舗共通です。

ということで、京都の大学生にとっては第2の学食的存在なのです。

f:id:mesitsu_la:20170308220903j:plain

訪れたのは、百万遍にある本店。その昔は靴屋さんを営んでいたそうですが、1960年に先代が学生食堂として営業を始めました。

f:id:mesitsu_la:20170308220913j:plain

オーナーの辻井さんと息子さん。

f:id:mesitsu_la:20170308220906j:plain

おうかがいしたのは、平日の午後3時。大学生やビジネスマンが遅めのランチを楽しんでおりました。

マヨネーズもソースも手作り

f:id:mesitsu_la:20170308220904j:plain

店頭には「味よし 量よし 値段よし」と書かれています。

日本各地には、安くてウマいお店は多数存在します。しかし、こちら「ハイライト」のように、大学生をメインターゲットとした食堂チェーン店って珍しいのではないでしょうか。

f:id:mesitsu_la:20170309133534j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会