ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

創業57年の学生食堂「ハイライト」の「変わらぬもの」と「進化しているもの」【京都】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:mesitsu_la:20170308220915j:plain

愛情の証しは大盛で。こんにちは。メシ通レポーターのナガオヨウコです。

今回は、京都で学生時代を過ごした人なら必ずと言っていいほど通っていた、そして現役の学生さんも通いまくっている食堂「ハイライト」のご紹介です。

京都の学生御用達「ハイライト」

ハイライトは京都市内に5店舗ある食堂。本店は京都大学近くの百万遍にあります。

他に、衣笠店(立命館大学近く)、御園橋店(京都産業大学の割と近く)、御池店(京都学園大学近く)、十条店(ビジネスマンとファミリー多め、駐車場あり)があります。

本店と御池店と十条店は直営で、他の2店舗はチェーン店です。

f:id:mesitsu_la:20170309133533j:plain

定食は530円〜、丼ものが490円〜と激安、しかもすべてのメニューがボリューム満点! 上記写真の定番メニューは全店舗共通です。

ということで、京都の大学生にとっては第2の学食的存在なのです。

f:id:mesitsu_la:20170308220903j:plain

訪れたのは、百万遍にある本店。その昔は靴屋さんを営んでいたそうですが、1960年に先代が学生食堂として営業を始めました。

f:id:mesitsu_la:20170308220913j:plain

オーナーの辻井さんと息子さん。

f:id:mesitsu_la:20170308220906j:plain

おうかがいしたのは、平日の午後3時。大学生やビジネスマンが遅めのランチを楽しんでおりました。

マヨネーズもソースも手作り

f:id:mesitsu_la:20170308220904j:plain

店頭には「味よし 量よし 値段よし」と書かれています。

日本各地には、安くてウマいお店は多数存在します。しかし、こちら「ハイライト」のように、大学生をメインターゲットとした食堂チェーン店って珍しいのではないでしょうか。

f:id:mesitsu_la:20170309133534j:plain

安くてウマく、量もたっぷりの理由を、辻井さんはこうお話ししてくれました。

「京都の大学生は、約6割が地方出身者だと聞いています。特に、本店の目の前にある京都大学は一人暮らしの学生さんが多いですね」

「ウチは、一人暮らしでお金がなく、家庭的な料理をなかなか食べられない学生さんたちのためのお店。創業以来57年、その思いはブレることがありません」

「安さとおいしさの秘密は、『手作りにこだわっていること』『冷凍ものをほとんど使用していないこと』と『使用する素材を最小限に絞りつつ、多彩なメニューを展開していること』」だそう。

f:id:mesitsu_la:20170308220909j:plain

名物のチキンカツは、もちろん手作り。鶏肉は冷凍ではなく、朝びきの新鮮なもののみを使っています。

f:id:mesitsu_la:20170308220912j:plain

トマトソースなどのソース類もすべて手作り。

ハンバーグにかけるデミグラスソースは、自家製の牛スープにこれまた手作りのトマトソースを合わせて焦がしながら作るというほど手間ひまがかかっているのです。

f:id:mesitsu_la:20170308220910j:plain

そしてなんと、マヨネーズも手作り! 材料は卵黄、酢、油、辛子のみで、添加物は一切不使用。

写真左は、マヨネーズをベースにしたタルタルソース。パセリの代わりに青のりが入っています。

f:id:mesitsu_la:20170308220911j:plain

ちょこっとなめさせてもらいました。驚くほど軽いのに、卵のおいしさがすっと染みてきます。うまい、うまいよーー!!

雑誌でよく紹介されているのは「ジャンボチキンカツ」なのですが、チキンカツの紹介は後にするとして……。

ひとまず、わたくしは一人鍋をいただくこととしまーす!

f:id:mesitsu_la:20170308220917j:plain

▲豚キムチ鍋(ご飯付き) 730円

一人鍋の定食は、創業時からの定番メニュー。こちらも「野菜不足の学生さんに、たっぷり食べてほしい」と開発されたそう。当初は、牛鍋、豚鍋、鶏鍋の3種類のみでしたが、大学生のリクエストに応え、こちらの豚キムチ鍋や、ギョーザ鍋、海鮮鍋など計8種類をラインアップしています。

豚キムチ鍋が登場したのは約20年前。それでも「ウチでは新しいメニュー」と言っちゃえるのは、老舗食堂だからでしょう。

f:id:mesitsu_la:20170308220908j:plain

煮込む前の鍋には野菜がたっぷり入っております。白菜の下には玉ネギ、豆腐、マロニーちゃん。

f:id:mesitsu_la:20170308220918j:plain

豚肉もたっぷりですが、確かに野菜もたっぷりです。

キムチスープがこれまたウマい! 手作りの割り下がたっぷり入っておりまして、辛さよりも優しいうま味の方が勝ってます。一滴たりとも残せません。

f:id:mesitsu_la:20170309133535j:plain

全部いただいたところで、あの名物メニューを見せていただきます。

ジャンボチキンカツが進化していた

f:id:mesitsu_la:20170308220915j:plain

▲カラフルジャンボチキンカツ定食(赤だし・ご飯付き) 770円

「ハイライト」と言えば、ジャンボチキンカツ定食(630円)。鶏ムネ肉約200グラムのチキンカツに、約1合弱のごはん、味噌汁が付く、約30年前に登場して以来、大人気の定食です。

このチキンカツに、チーズ、アメリカンソース、おろしポン酢をトッピングしたのがこちらの〝カラフル〟です。

取材時は全部食べられなかったので(鍋ものを食べたし)、お持ち帰りにして自宅で食べたのですが、むっちゃくちゃウマい!!!!

ムネ肉とは思えないほど柔らかいし、あっさりしているのにボリューム満点。どんどん箸が進む。

チーズもアメリカンソースもおろしポン酢もそれぞれ合う。私の中で、チキンカツの最終形態は「ハイライト」で決まりです。

f:id:mesitsu_la:20170308220914j:plain

ほかに、お客さんやアルバイトさんの要望で増えたメニューが多数あります。

中でも、以下の2つは大・大ヒットなのだそうですよ。こちらも食べて見たいわ……!

・ビックリ盛り定食 赤だし・ご飯付き(750円)

…カニクリーミーコロッケ、メンチカツ、若鶏唐揚げ、若鶏ポン酢のセット

・若鶏唐揚げ定食 赤だし・ご飯付き(720円)

これまでは鶏ムネ肉を使用していましたが、ジューシーな鶏モモ肉に変更

火曜・金曜は金券サービス

f:id:mesitsu_la:20170308220907j:plain

▲金券サービスあり

そしてそして、見逃せないのが金券サービスデー!

火曜日は50円、金曜日は100円の金券が1枚もらえます。全店舗で使用可能、1人で2枚まで組み合わせ使用OK。有効期限は「ハイライトがある限り」。つまりは、有効期限ナシです。過去には30年前の金券を持ってきたお客さんもいたそうです。

学生御用達と書きましたが、ビジネスンも大歓迎の食堂ですよーー。「懐かしいな」という方も、「行ったことがなかった」という方も、何度も足を運んでほしいお店です。

お店情報

ハイライト 百万遍店

住所:京都府京都市左京区田中門前町94

電話番号:075-781-4517

営業時間:11:00〜23:30(土曜は〜22:30)

定休日:日曜日・祝日

www.hotpepper.jp

※金額はすべて消費税込みです。

※この記事は2017年3月の情報です。

書いた人:ナガオヨウコ

ナガオヨウコ

ライター歴22年、京都在住のフリーライター。食、手芸、子育て、京都関連の雑誌や書籍、webに執筆中。10年間続けている自然農業の畑では、20~30種の野菜やハーブ、花を栽培。 ブログ:しましま畑でつかまえて

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

初めて食べてもどこか懐かしい。優しさと愛が詰まったパンを作り続けて70年「まるき製パン所」【京都】
行列が嫌いな京都人が並んででも食べる「大河」の手打ちうどんって?【京都】
なにこれすごい……「バー カオス」の中毒必至なカレーと特製ジントニック【京都・木屋町】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。