ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

エマ・ワトソン、『美女と野獣』のヒットで早くも「2017年最も稼いだ女優のトップになる」との声

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
エマ・ワトソン、『美女と野獣』のヒットで早くも「2017年最も稼いだ女優のトップになる」との声

ディズニーの『美女と野獣』実写版は、現在世界中で大ヒット上映中(日本では4月21日公開)だが、その興行収入の一部はエマ・ワトソンのもとに行くことになる。

ワトソンがこの作品でベルを演じた出演料は「わずか」200万ドル(約2.2億円)ほどだとされているが、エンタメ系情報サイト『The Hollywood Reporter』(THR) によると、26歳になるワトソンは、興行収入の配当を受け取る契約になっており、合計で少なくとも1,500万ドル(約16.6億円)を手にするという。

これは『ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション』での出演料が1,500万ドルで、このままいけば、2015年から2年連続で「最も稼いだ女優」となっているジェニファー・ローレンスを上回ることになると『Daily Beast』は伝えている。

ワトソンは『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』に出演して、「2009年に最も稼いだ女優」1位に輝き、同年の男優を含めた中でも14位となっていた。

英ロンドンの地元紙『Evening Standard』に広報・PR会社Anderson Group Public Relationsの創始者でセレブ担当のパブリシストであるライザ・アンダーソン氏が語った所によると「(エマ・ワトソンは)今最もビッグなスター」であるという。「エマはどんな役でもできるし、製作に回ることもできます。彼女はアメリカの、そして世界の恋人になりました。彼女は今、位置づけとしては最高の場所に居るわけで、ハリウッドが次から次へとエマにオファーを出しているはず。彼女は世界を手中にしたんです」

ワトソンはこのディズニー作品のリメイクに出演するために、エマ・ストーンがアカデミー賞主演女優賞に輝いた『ラ・ラ・ランド』の出演を辞退したというのは有名な話だ。

英紙『Daily Mail』によると、ワトソンの資産総額は7000万ドル(約77.3億円)と言われており、その半分以上は「ハリー・ポッターシリーズ」から得たものだ。2010年の映画『ブリングリング』でタイトルの「キラキラしたやつら」の1人を演じていただけに、その資産は流石にまばゆいばかりである。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

エマ・ワトソン、『美女と野獣』のヒットで早くも「2017年最も稼いだ女優のトップになる」との声

アダム・サンドラーが、Netflixとさらに4作品の制作を契約!

「イライラすること必至」と話題の動画がこちら・・・

マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」がアニメーション映画化!

試合中のテニスコートにイグアナが乱入!【映像】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。