ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Googleアプリの最新ベータ版v6.16.25にGoogleアシスタントの決済オプション、IFTTT連携、スクリーンショットの編集やトリミングに関するコードが実装される

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
XDA Developers で公開された Google アプリの最新ベータ版 v6.16.25 の分解レポートから、今後、Google アシスタントでの決済のサポート、IFTTT との連携、スクリーンショットの編集・トリミングといった新機能が実装されていることが確認されました。Google アプリのベータ版はほぼ毎日のようにリリースされており、機能の追加や削除も頻繁に行われています。そのため、今回紹介した未発表の機能がいつリリースされるのかは分からないとしか言えません。 それを踏まえた上で、Google アプリの v6.16 には Google アシスタントを使用した支払いで不正使用を防止するために電話による認証を有効にするオプションが追加されており、機能のリリースに向けて準備が着々と進んでいると見られます。次は Google アシスタントからタスク自動化アプリ IFTTT のアプレットをダイレクトに実行できるというものです。IFTTT そのものが便利なので、Google アシスタントへの対応によってどれだけ便利になるのかが期待されます。スクリーンショットの編集・トリミング機能は以前伝えられた部分スクリーンショット機能のことなのかもしれません。上記のほかには、動画アプリの映像再生を自動的に ON / OFF する機能も発見されています。Source : XDA

■関連記事
U-NEXTのソフトバンク系MVNOサービス「U-mobile S」をAndroidで利用する方法
Google WiFiの「Family Wi-Fi」機能を使えば子供たちのスマートフォンのWi-Fi接続を指定した時間遮断できる
Google、4月6日に英国でGoogle HomeとGoogle WiFiを発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。