ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

各地で導入される移動式オービスは可搬式が多い

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
各地で導入される移動式オービスは可搬式が多い

2016年3月、埼玉と岐阜の一般道に新型の自動速度取り締まり装置が設置されました。いわゆる「移動式オービス」です。そしていま、愛知県警や秋田県警、神奈川県警など各県警で移動式オービスの導入が進められています。各地で導入される移動式オービスについて詳しく見ていきましょう。

移動式オービスは3タイプある

移動式オービスが最初に設置されたのは、埼玉県北本市と岐阜県大垣市です。埼玉県警と岐阜県警が導入したのは「可搬式・半可搬式・固定式」の3タイプ。設置されたのは固定式の通称「iM」になります。

固定式のオービスとはいえ、標識のようにポールを埋めて設置するため、一定期間での移設も可能でしょう。どちらも同じ端末で、ドップラーレーダーで車速を計測し、ライトや音声で警告する仕組みです。

そして、移動式オービスがいま、ほかの県警にも導入されようとしています。移動式オービスの導入を進めていることが伝えられているのは、愛知県警と秋田県警、神奈川県警です。

可搬式の移動式オービスを導入

いずれの県警も導入を進めているのは、移動式オービスのなかでも「可搬式」と呼ばれるタイプ。ストロボと感知部を、三脚に載せて使用します。計測方法はドップラーレーダー。分解して持ち運べるのが最大の特徴です。

たしかに、これまでオービスと呼ばれる自動取り締まり機の設置には大掛かりな工事が必要なこともあって、高速道路や幹線道路での利用がメイン。しかし、通学路など生活道路での事故対策が近年の課題になっていました。

そこで、フレキシブルに対応するために埼玉県警と岐阜県警で移動式オービス3タイプを運用開始。その結果、最も使い勝手がよかったのが可搬式ということ。ほかの都道府県警も可搬式の移動式オービスの導入が進んでいくでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。