ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

内定を辞退して世界一周を経験した僕が、就活生に伝えたい7つのこと

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
内定を辞退して世界一周を経験した僕が、就活生に伝えたい7つのこと

こんにちは!旅するインスタグラマーのKEIです!先月、就職活動がようやく解禁されましたね。「就活」といえば、人生のビックイベント!

だからこそ、不安で不安で仕方がない!なんて思っている大学生は少なくないのではないでしょうか?

今回は、「ポジティブ」を武器に世界一周した僕から、就活生のみなさんに教えたい7つのことをシェアしたいと思います。自分の未来が不安な夜は見返してみてください。

 

「就活」に答えはない

photo by Kazuki Kiyosawa

一度もしたことのない就職活動。「このやり方であってるのかな?」なんて思いますよね。これ、実は盲点なのですが、人生に「答え」がないように、「就職活動」にも答えはありません。

誰かが作った“謎のマニュアル”はあるけれど、それが「正解」というわけではないのです。恋愛だって、人生だって、就活だって、なんだって。

 

いつまでもマニュアル通りじゃ、面白くないし、周囲に差を付けることも出来ませんよね。宇宙的な確率で、この世に自分として生まれたのなら、“自分らしく”、自分の道を歩く。歩いてみようと心がける。

失敗したっていいんです。我流でも構いません。周りと同じ顔して、就職活動することは「答え」じゃありません。もっとオリジナルに生きてみては?

 

やってみないことに始まらない

photo by Kazuki Kiyosawa

就職活動…不安ですよね。もしも内定がひとつももらえず、就活失敗してしまったら?と考えると、眠れなくなるのも分かります。でも、僕は思うんです。

「計画を立てているだけなのに、どうしてそんなにネガティブになるの?」と。

 

今悩んだって、しょうがないんです。ネガティブに不安要素を出すよりも、ポジティブに「計画」を追いかける方が絶対楽しいし、世界は広がります!

せっかく人生という白紙をもらったのに、何をためらっているのでしょうか?とりあえず、描いてみること!ここから始めましょう!

 

「楽しむ心」を忘れない

photo by Kazuki Kiyosawa

就職活動を楽しいと思える人は、ごくわずか。でも思うんです。面白くなければ、自分で「面白く」しちゃえばいい、と。

工夫ひとつ、物の見方ひとつで、退屈なんて吹き飛んでしまいます。いつまでも受け身の姿勢で、自ら行動できずにいるから「退屈」を感じてしまうのです。

 

自分から積極的に動いて、面白くしていけばいい。楽しくしていけばいい。鮮やかにしていけばいいのです。「何事も楽しめる」、これは人間のみに与えられた力かもしれませんね。

 

「職業」よりも「ライフデザイン」

photo by Kazuki Kiyosawa

就活をしていると、どうしてもなりたい職業に目が行きがちですが、世界を旅して思うこと。それは職業よりも「人生観」、特に、「ライフデザイン」を意識した方が良いと感じます。

 

スティーブ・ジョブスの言葉にこんなものがあります。「キャリアじゃない私の人生なんだ。」

 

周りによく見られること。もちろんこれも大切ですが、もっと大事なことは、「自分が自分の人生で何がしたいのか」だと思います。「〜歳までにこうなっていたい」「〜年までにこれをしたい!」というライフデザインを軸に、「ではこういう仕事に就かなきゃな」というものが考えれたら素敵ですね。

私たちは、ただ働くために生まれてきたわけではないのです。

 

まず「自分」と「他人」は違うという認識を持つ

photo by Kazuki Kiyosawa

「周囲と自分は違う」こんなこと当たり前なんです。例えば10人にカメラを渡したら、10人とも違う写真を撮ってきますよね。

「これを写したい」とか、「これが好きだから撮りたい」という“価値観”は10人いれば10通りあるわけです。

 

だから、他人と意見が食い違っても、「その人の価値観」というものを忘れてはいけないし、「自分の価値観」というのも失ってはいけません。

世界中どこを探したって、自分という人間は1人しかいないのだから。

関連記事リンク(外部サイト)

海外移住・長期滞在を実現する7つの方法
世界一周直前に新卒採用を受けたら、◯◯力を評価された話
就職の面接で「世界一周」の話はするべきか否かを旅人8人に聞いてみた
「人と違うことが価値になる」旅とキャリアの繋げ方とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。