体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夜仕込んで、朝ウマい! エダジュンの濃厚「卵黄ナンプラー漬け」

グルメ

f:id:edajun:20170324064415j:plain

簡単なのにごはんが進みすぎる!

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。

熱々のごはんに生卵をポン! 朝ごはんの定番ですが、いつもいつも同じだとどうしても飽きてしまいます。そんなときに! マンネリ朝めしに一石を投じる?「卵黄ナンプラー漬け」はいかがですか?

エスニック風の濃~い味は、白ごはんが進んでしまうこと間違いなしです!

エダジュンの「卵黄ナンプラー漬け」

【材料】(1個分)

卵 1個 ナンプラー 小さじ1 みりん 小さじ1/2

作り方

f:id:edajun:20170324064437j:plain

1. ココットなどに、ナンプラーとみりんを入れて、卵黄をおとす。

f:id:edajun:20170324064451j:plain

2. ラップをして、冷蔵庫で半日漬けこむ。

作っておけば、簡単! エスニック風卵黄がやみつき!

f:id:edajun:20170324064457j:plain

取り出して、ごはんの上にのせれば、すっかりごちそうの味わいに。ナンプラーの濃い味付けは、豆腐にのせておいしいですよ。気をつける点としては、漬け込みすぎるとしょっぱくなってしまうこと。また、これから暖かい季節になりますから衛生面からも仕込んでから半日を厳守!

ちなみに余った白身は、よくかき混ぜてみそ汁の鍋に投入! ふわふわっと広がったらすぐに火を消して、かき玉風みそ汁をごはんのおともにぜひ。

作った人:管理栄養士 エダジュン

管理栄養士 エダジュン
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会