ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガン監督、続編には「より多くの自由があった」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


ロサンゼルスのピックフォード・センターで2日間にわたって開催された全米脚本家組合賞の授賞式で、映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の脚本家兼監督を務めたジェームズ・ガン監督は、自身がなぜ脚本を書くことに夢中になったのかを論じ、脚本家や監督を志す人たちにアドバイスを送り、さらには続編となる映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』についての情報をファンに向けて披露してくれた。

ガン監督は「ロケットのキャラクターには、他の誰よりも共感しています。ロケットは私自身なのです」と語り、「私も彼と同様な怒りの問題を抱えており、同じように愛を受け入れることができません」と続けた。

3月25日(現地時間)、全米脚本家組合賞の授賞式で行われたKCRWのエルヴィス・ミッチェルがホストを務める討論会で、ガン監督は続編を製作することは本当に楽しかったと述べた。

「2作目では、私にはより多くの自由がありました」と言うと、さらに「1作目が成功したので、最初の30分間で5人の主要キャラクターを説明する必要がなくなり、すぐにストーリーに入ることができました」と続けた。

またガン監督は、何か新しいことを始めるときのプロセスについて、いくつかの見識を披露した。それを確実にするのは簡単ではなかったという。まず、70ページにわたるトリートメントを書いた後、6ヶ月かけて脚本を書き終えるまでの期間は、作品が前作の陰に隠れてしまわないようにするために必要であり、また、その方法によって自分の考えを残らず確実にカバーすることが好きだという。

「作品は自分らしいものにしなければなりません。1作目のつまらないコピーになってはいけないのです」と、監督は考えながら語った。

討論会では、特定のファンに向けて2017年春に公開される新作映画のネタ明かしをする場面もあった。その情報は、スターロード(クリス・プラット)が父親(カート・ラッセル)と出会うのは映画開始から20分以内になるというもので、一部のファンを大いに夢中にさせた。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は5月5日に米劇場公開される。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。