体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本食好きすぎてガイドブックまで出したドイツ人のアクセルさんに聞いた「和食の魅力って?」

f:id:Meshi2_Writer:20170228160015j:plain

まだまだ極寒のヨーロッパからこんにちは!

ドイツ・ミュンヘン在住メシ通レポーターの溝口シュテルツ真帆です。

ドイツといえば、ビールと肉料理、じゃがいもばっかりのイメージ?

はいそれ、正解です。

もちろん寿司やラーメンなど、ドイツ人に愛される日本食も登場していますが、生の魚に「私はムリ」と顔をしかめ、上品な懐石料理などに首をかしげる人も少なくないのが現状。

今日はそんなドイツにおいて大変珍しい、「日本食通」のドイツ人男性をみなさんにご紹介したいと思います。

和食店ガイドの著者に会いたい

彼との“出会い”はかれこれ2年前。私がドイツに移住して、まだ半年足らずのころのことです。自宅カウチの上でスマホを眺めるひとときが幸せな地味生活を送っている私ではありますが、時に非常に“アガる”瞬間があります。それは、日本のごはんを食べるとき!

f:id:Meshi2_Writer:20170228160336j:plain

(これはこの前作った天ぷら。がんばりました……!)

ドイツで手に入れられる食材でなんとか「なんちゃって和食」を作ることもありますが、幸いミュンヘンには約100軒の日本食レストランがあり、日本にある名店にはもちろん及ばないまでも、急に日本の味が食べたくなったときや、ドイツ人のお客さんをもてなすときなど、けっこう重宝しています。

日本食レストランを訪れる際には、口コミを頼ったり、自身の足で少しずつ開拓したりするほか、活用しているのがこちらのハンドブック『JAPAN in München』(「JAPAN」は、ぜひドイツ語風に「ヤーパン」と発音してください)。

f:id:Meshi2_Writer:20170228160952j:plain

全編ドイツ語のレストランガイドブックですが、ミュンヘン市内の寿司店はもちろん、気軽な定食屋さんから日本風のケーキ屋さん、雑貨店まで計73店をレポートしてあり、シンプルかつリアルな評価が大変参考になる一冊なのです。

f:id:Meshi2_Writer:20170301091701j:plain

数少ない機会ゆえ絶対に失敗は許されないお店選び。なめるように読んで愛用していましたが、あるときふと気になりました。

「そういえば、これを書いたのはいったい誰……?

奥付を見れば、Axel Schwab(アクセル・シュヴァブ)とあり、どうやら著者はドイツ人。そこにはこんな自己紹介がされています。

私は5年間日本に住んでいたことがあり、そのときに日本の食と文化は素晴らしいものだと学びました。2005年からふたたびミュンヘンに戻り、それ以来、いつでもおいしい本物の日本食を探求し続けています。

……なにこの人、会ってみたい……!

ハムとチーズとパンがあれば満足なドイツ人の夫や、お刺身すら口にできない義理の家族に囲まれている私。「日本食通」とも言うべきこのアクセルさんに、あっという間に心ひかれてしまったのです。

“お茶会”で本人に初遭遇

それに追い打ちをかけたのが、昨夏の英国庭園(ミュンヘンにおけるセントラルパークだと思ってください)での日本人の友人主催のイベントでのこと。イベントといっても、「水ようかんを作りすぎたからみんなに配るよ!」という気軽なピクニックで、水ようかん食べたさにひょこひょこ出かけていったのですが……なんと、レジャーシートの上に10人ほどのお客さんとともにそのアクセルさんが座っているではないですか!

さすが日本の食べ物あるところにアクセルさんあり!?

「ああ、あれは(自分のなかで)話題の彼じゃないかしら?」

お話をしてみたくてモジモジしながらまずは水ようかんを味わっていると、アクセルさんのほうからこう尋ねてくれました。

Möchten Sie Macha trinken?(抹茶、いかがですか?)

何を聞かれたのかとっさにわからず、「ハッ? まっ?」と慌てると、アクセルさんは手に持っていた大きな水筒を掲げました。

ああ、マッチャ、抹茶ですね! は、はい、ぜひぜひ!

すると、彼はきちんとした椀に抹茶を入れ、水筒のお湯を注ぎ、茶筅(ちゃせん)でシャカシャカとお茶をたて始めたのです!

「す、すごい……!」

お茶の作法もまともに知らない私は、アクセルさんがたててくれたお茶を不格好に傾けるばかり。その日は大勢のなかでまともにお話をする時間もないままになってしまい、残念に思っていたのです。

……ということで、前置きが長くなりましたが、どん!

f:id:Meshi2_Writer:20170228161446j:plain

こちらが私的超有名人のAxel Schwab(アクセル・シュヴァブ)さん

気になる彼に再度会って、根掘り葉掘りお話を聞いてきましたよ! というのが今回の趣旨です。

日本食関連本を7冊も出していた

ある日の午後、ミュンヘン市内のカフェに現れたアクセルさんは、やはり本と第一印象通りの真面目で優し気な印象。

溝口:「アクセルさん、おひさしぶりです。日本滞在はいかがでしたか?」

※以下、超がんばってドイツ語で会話をしています。

アクセルさん(以下敬称略):「なかなか大変でしたが、面白かったですよ」

そう、この日の約束を取りつけるためにアクセルさんに『JAPAN in München』 の公式サイト経由でメールを送ってみたところ、直後からちょうど1カ月の東京滞在を予定しているとのお返事。

その後、ミュンヘンに戻ってきたところで会えることになったというわけです。

溝口:「大変……? 東京ではどんな風に過ごしていたんですか?」

アクセル:「すでに出ている東京のガイドブックのアップデートのための取材だったんですよ。毎日毎日、お店やスポットを回って大忙しでした」

f:id:Meshi2_Writer:20170228161710j:plain

実はアクセルさんが出版した日本関連本は『JAPAN in München』のみではなく、同シリーズの『JAPAN in Berlin』、最新刊『JAPAN in Hamburg』、東京を訪れるドイツ人のために書いたガイドブック『Genießen in TOKIO』『Labyrinth Tokio』『JAPAN』、それに寿司のうんちくをまとめた『SUSHI GUIDE』と実に7冊!

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。