ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

山本美月×伊野尾慧W主演の映画『ピーチガール』、原作者・上田美和の描き下ろしビジュアル公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
山本美月×伊野尾慧W主演の映画『ピーチガール』、原作者・上田美和の描き下ろしビジュアル公開

 山本美月×伊野尾慧主演の映画『ピーチガール』の、原作者・上田美和が描き下ろした新たなビジュアルが公開された。

 本作は、累計発行部数1,300万部を超える、上田美和原作のコミック『ピーチガール』の実写版。見た目はギャルだが中身は超ピュアな女子高生・もも(山本美月)、チャラくてお調子者な学校イチのモテ王子・カイリ(伊野尾慧)、真面目で硬派なさわやか男子・とーじ(真剣佑)、見た目は天使だけど中身は悪魔な沙絵(永野芽郁)という個性あふれる4人が繰り広げる予測不能な急展開のノンストップ・ラブストーリーだ。

 今回公開されたイラストバージョンのビジュアルは、もも、カイリ、とーじ、沙絵の4人が“ピーチ”を持った映画のポスタービジュアルを原作のキャラクターたちで再現したもの。本作の原作者・上田は映画について、「よくあれだけの分量の原作をコンパクトにテンポよく楽しめるエンターテインメントに仕上げたなぁと」と感心し「何より素晴らしいのはキャストの皆さんが見事に役にハマっていること。皆さんそれぞれに新境地を開いたんじゃないかと思えるぐらい見応えある演技でした」とキャストの演技を絶賛している。なお、映画『ピーチガール』は5月20日より全国ロードショー。

◎上田美和 コメント全文
これはおもしろい、スクリーンから伝わってくる熱量がハンパじゃないです。
よくあれだけの分量の原作をコンパクトにテンポよく楽しめるエンターテインメントに仕上げたなぁと。そして原作にはないエピソードや設定がピーチガールの世界を壊すことなく逆に盛り上げているのは、製作に関わって下さった方々の作品へのリスペクトと向上心の賜物だと思います。何より素晴らしいのはキャストの皆さんが見事に役にハマっていること。皆さんそれぞれに新境地を開いたんじゃないかと思えるぐらい見応えある演技でした。
原作ファンの方にも、未読の方にもぜひ観て頂きたい映画です。

◎公開情報 
『ピーチガール』
2017年5月20日(土)より全国ロードショー
監督:神徳幸治
脚本:山岡潤平
音楽:蔦谷好位置
出演:山本美月、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)、真剣佑、永野芽郁、本仮屋ユイカ、水上剣星、升毅、菊池桃子
原作:上田美和『ピーチガール』(講談社「別冊フレンド」刊)

(C)2017「ピーチガール」製作委員会
(C)上田美和/講談社

関連記事リンク(外部サイト)

海外勢が挑む映画『デスノート』新たなドラマを予感させる場面写真&予告編公開
GENERATIONS 片寄涼太も出演の映画『兄に愛されすぎて困ってます』主題歌を担当
コブクロ、映画『ちょっと今から仕事やめてくる』の主題歌を書き下ろし

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。