体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ペン回しを進化させたおもちゃ「iSpin」は中毒性がありそう

iSpin1

気がついたらいつも手元でペン回しをしてしまっている人は多いのではないだろうか。集中力を維持するために必要だという人もいるかもしれない。

そんなペン回しを進化させた究極の手遊び用おもちゃが「iSpin」だ。

・3〜5分間ひたすら回り続ける

iSpinは18個のカラフルなOリングとコンピューターで精密に計算してデザインされた10個の真ちゅうパーツ、そして軸となるステンレススチール製のベアリングを組み合わせて作られたおもちゃだ。これだけだと一見何をするためのものなのかわからないが、指の上やペンの上でただひたすら回して遊ぶコマのようなものだ。

iSpin3

上手くバランスをとれれば、iSpinは一度回し始めると最大約5分も連続で回り続け、指を鳴らしたり、ペンを回したりする要領で、iSpinを回して精神を安定させる。ハマると色々な意味で止まらない。

・難易度調整も可能

6つの頭は取り外しもできるため、数を減らしてバランスの難易度も調整可能だ。また回っている最中に指から指へ移したり、裏表ひっくり返してみたり、ペンの先に立ててみたりと遊び方は自由だ。

iSpin2

気持ちを落ち着かせるためにただ机の上で回してぼーっと見ておくのもよいだろう。このiSpinはIndiegogoにて2017年4月の中旬頃まで資金を募っており、その間は市場価格24ドル(約2600円)から半額の12ドル(約1300円)で注文ができる。

とにかくじっとしていられないという人はぜひ1つ持っておいてはどうだろう?

iSpin/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。