ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

東京がクールになった。ちょっと視点を変えてみるだけで

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

自分が普段いる場所の魅力にはなかなか気づきにくい。

国内より海外に目を向けてしまうのは、海外というだけでハードルがあがって、そのクールさにあこがれをもってしまっているだけなのかもしれません。

海外向けの日本のガイドブックを見ると、あらためて日本の魅力に気づかされます。

東京も大阪も。じつは意外とクールだった

Harajuku Japanさん(@tokyofashion)がシェアした投稿 – 2017 3月 26 1:29午後 PDT

国内、とくにメジャーな東京や大阪なんかは、ガイドブック自体手にとる機会があまりありません。もちろん、海外向けならなおさら。

でも、日本の風景に異国の要素がプラスされると、なぜか国内のどんな場所でも、少しだけカッコ良く見えてきます。

それは、ずっと日本にいることが当たり前になり過ぎたせい。

Zhuyun Wuさん(@wzygenius)がシェアした投稿 – 2017 3月 25 4:14午後 PDT

以前、私は青山ブックセンターで外国人向けの『TOKYOるるぶ』を見つけたことがあります。

なかには、原宿のキディランドや百円ショップなど、日本人にとっては何てことない見慣れた風景。でも、外国人向けのカラフルなデザインや横文字で紹介されているそれらは、いつもと違ってとても魅力的に見えました。

自分では普段からとくに意識をせず通り過ぎていた場所でも、外国人が楽しそうに観光をしていると日本人としてちょっと誇らしく、じつは良いスポットだということに改めて気づかされることがあります。

日本にいながら別の視点を感じることができる、新しい発見でした。

撮影/出川光

こちらも読まれています

素っぽいのに美人。「目と眉の間」が重要でした #sponsored

一日がうまくまわりはじめる。明日のための「夜」の新習慣 #sponsored

なぜか勇気もらえた。いま話題の「モアナチャージ」ってなに? #sponsored

■ あわせて読みたい

今夜は新月。いまのあなたの目標達成率は? #深層心理
もしも、好きな人の願いを叶えられるとしたら僕は… #近未来に恋をする
潔癖男子が増加中。つり革は素手で触らない
春のプチうつ予防。あなたの心を元気にする食べ物は? #深層心理
いま、あなたが悩んでいることは何?
いい恋したい。あなたが気をつけた方がいい男性は? #心理テストまとめ
春準備。元気も肌のうるおいも、サクッとチャージできる場所がある

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。