ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

幻想的な森の妖精「光るキノコ」が集まる!?宇久井半島の目覚山ってどこ?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
シイノトモシビダケ

暗闇の中でほのかに光って見えるキノコが現実にあるなんて、驚きです!シイノトモシビダケは森の妖精とも言われ、全体が緑色に発光する珍しいキノコ。それが和歌山県吉野熊野国立公内で、数多くみられると話題になりました。

今回は、日本で一番シイノトモシビダケが集まる場所として、自然豊かな宇久井半島を取り上げます。キノコが元気よく生える暑い時期の夜を中心に、この地域の宇久井海と森の自然塾運営協議会主催で行われる、シイノトモシビダケの観察会も注目です。不思議な景色を発見しに、行ってみませんか?

森の妖精「シイノトモシビダケ」ってなに?

ホタルのように発光するキノコが集まる様子は幻想的。森の妖精と称される、緑色に光るシイノトモシビダケは、大きいものでも傘の幅は3センチ、高さは5センチ程度です。大きすぎないところも可愛いですね!

虫をおびき寄せるために光っているという説もありますが、なぜ光るのか、まだわかっていないミステリアスな存在です。シイノトモシビダケ

シイノトモシビダケ

全体が光る不思議なキノコです

本州で光るキノコが集まるのはここがNO.1

シイノトモシビダケが群生しているのは、宇久井半島という和歌山県の自然が豊かに残された土地。ここはスダジイの大木や老木が多く、その倒木や落枝のおかげで光るキノコが良く育つ環境となっていると言われます。

宇久井の目覚山でシイノトモシビダケが発見されたのは2001年のこと。理由は不明ですが、現在は、国内で一番多く、光るキノコの様子が楽しめる場所と言われているのだとか。

目覚山には、そのほかにも貴重な植物が生息しています。宇久井半島

自然がの姿が雄大な宇久井半島

観察会に興味があるならここをチェックして

宇久井ビジターセンター

新しい建物の宇久井ビジターセンター

宇久井の自然を観察する拠点として、宇久井ビジターセンターがあります。こちらで、主催されている地域の自然と「ふれあい・まなび・あそぶ」宇久井海と森の自然塾の中で、シイノトモシビダケ観察会が行われています。

多い時には何百本も生えるシイノトモシビダケが作る幻の風景を求めて、5月から7月、9月の間、土曜と日曜の夜に観察会が開かれています。中でも、6月が最盛期と言われ、どこよりも多く光るキノコが発生する目覚山が幻想的な雰囲気に。年によって生息数は違いますが、自然を感じる観察会へ参加してみませんか。

開催予定日:5月13日(土)~7月23日(日)、9月2日(土)~9月24日(日)

時間:19時30分から開始(約1時間位)

※小雨決行

※電話:2日前の17時までに予約(0735-54-2510)

※メール:1週間前までに予約(http://ws.formzu.net/fgen/S72318857/観察会

観察会は暗い中行うため懐中電灯が必要!

まとめ

光るキノコ、シイノトモシビダケが日本国内で最も多く生息が確認されている、宇久井半島。

幻想的な森の妖精の集まる風景を見に、観察会へ行ってみたくなりませんか?自然豊かな夜の森で新しい発見ができるかもしれません。

観察会に参加する際は、登山の格好で、懐中電灯を持っていくことを忘れずに。

安全に楽しく過ごしてくださいね。合わせて、周囲の草花を踏み荒らさないような注意も必要です。 シイノトモシビダケ観察会

TEL/0735-54-2510(宇久井ビジターセンター)

集合場所/旧那智勝浦町フェリーターミナル

開催日時/5月~7月、9月の土曜・日曜 19時30分~

定休日/天候・生育状況によって中止

アクセス/車:国道42号線の『宇久井港口』の信号を港の方へ曲がりルピナスの看板を左に曲がる

料金/ 大人500円、中学生以下300円

※小学生以上が参加可能で、小学生には保護者の同伴が必要

※電話予約は2日前(0735-54-2510)

※メール予約は1週間前(http://ws.formzu.net/fgen/S72318857/)

URL/http://ugui-shizenjyuku.com/index.html

※この記事は2017年3月時点での情報です


関連記事リンク(外部サイト)

今週の人気記事ランキングTOP10(17/03/20~17/03/26)
土用の丑の日は夏だけじゃない!春夏秋冬、絶品鰻を楽しむための鰻名店37選【全国】
SNSでシェアしたい!キレイすぎる全国あじさい名スポット◆北海道~九州46県

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。