ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

猫は○○。ただし、その猫による。-feles6-

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
akira1

家に迎えた当初からよく遊び、よく眠る。写真を撮るのが難しいぐらい活発だったころ

カクゴ

晧(アキラ)を迎えるにあたり、典型的一人っ子気質の好(スー)の性格、経済面その他etc、取り巻く環境に私は悩んだ。好を迎える時もそうだったが、ふとした時の表情が「この世の終わりのような顔をしている」と言われる状態。(割と感情が顔に出やすいタイプ)。そうは言っても迎えることに決めたのだから、好には晧を迎えることを何度も伝え(なぜか平謝り)、準備を進めていた。

しかし私は、好になんとなく母性を期待していた。年の差は約5歳半。好は大人しいし良い子だから、きっと大丈夫…甘かった。家は戸建だからスペースはあるし、住み分けできるしきっと大丈夫…そうでもなかった。好はそれまでは年に一度、シャーするかしないかだったのに、とにかく晧を受け入れられなくて、幼児相手にシャーシャーシャーシャー大人げない。そして好は私にも日常的にシャー(多分、文句)するようになる。
一方、晧はと言えば人の手で、ある意味ちやほや育てられたので天真爛漫。好にシャーされても、あまり気にしない。私(人)の傍に常にいるベッタリの甘えん坊に育つ。
akira2

ボク、ずっとここの家の子ですが何か?というくらいの貫録
suu1

新しい子を迎えるって?聞いてませんが? ←何度も伝えています

猫もそれぞれ

好と晧の性格の違いに、性別の違いはあるにしろ、本当に同じ猫?と戸惑う私。
好は賢く、ダメと教えるととりあえずはやらない。しかし晧は言っている傍からやらかす。
好は○○、だけど晧は××。こういう事例がたった2匹の比較で多発する。そこで気づく、というか悟る。
「猫は○○。-ただしその猫による」。猫はこうだという定型フォーマットなどない。

晧が来て1年ほどは事実上、家庭内別居。ご飯場所もトイレも別の部屋でしていたが、夏の暑さにエアコンを何台も稼働するわけにいかない等の理由で、徐々に一緒の場所へシフト。2年以上経過した今、未だに好と晧は仲良しとは言えず、2匹寄り添う姿は見ることはできないけれど、それでも一緒に暮らすうちに「家族」と認識している様子。私は板ばさみな苦労はするけど、1匹より2匹の方が楽しい。

私の仕事は泊まりの出張も年に数回あり、その間はペットシッターさんにお願いしているのだが、シッターさんの目から見ても2匹の違いは明確で、留守番報告メールがとても楽しい。好と晧はどちらが可愛いとかではなく、もう家族なのだからどっちも大切。いないと無理。家族として、それなりにバランスがとれてきている。

実家問題、相続編へ
時期は前後するが、そのころ、相続税について法改正が実施されていた。セミナー告知でも相続関係ネタがいっぱい。他人ごとではないため、いくつかのセミナーに足を運び始めていた。
saiji

神主さんをお招きしての解体祭。この家に守られて私は育ちました。今までありがとう

3月2週目現在

実家にあふれるモノ問題、とりあえずは一段落。(完全に終結はしていない)
実家には梅の木が一本あり、毎年梅仕事を楽しんでいたが、これでお別れ。
梅の花が散る中、解体祭を実施しました。今まで本当にありがとう。
ume

我が家の梅の木。最後に花咲く姿を見ることができて本当に嬉しい

 

著者:飯田香

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
にゃんこマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。