体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リモートワークをはじめたら、保育園から「退園」させられるって本当?東京23区の「休園制度」について調べた

リモートワークをはじめたら、保育園から「退園」させられるって本当?東京23区の「休園制度」について調べた f:id:atsushimatsuoka:20170324231549j:plain

暑い季節は涼しいところへ、寒い季節は暖かいところへ。快適な環境を求めて移動しながら、どこでも同じようにリモートワークできることをめざす「渡り鳥プロジェクト」。

年初に沖縄へ渡り、穏やかな気候のもとでつかの間のプチ移住生活を送りましたが、妻と幼い子を連れて飛び立つ決意をするにあたっては「やると決めてから見えることがある」と考えていました。実際その通りになりまして、この活動を通じて初めて「子供が保育園をしばらく休むと退園になる」という事実を知りました。

待機児童問題は解決するどころか都市部はますます深刻で、子育て世代にとってはまさに死活問題。だからみなさん「保活」に対して熱心になるわけですが、無事に入園できても「退園になるかもしれないルール」があることに気づいていない方も少なくないのではないでしょうか。事実、わが家もそうでした。

そこで今回は、特に待機児童の多い東京23区の「休園制度」について調べた結果をレポートしたいと思います。

やっと入れた認可保育園に落とし穴

まずはわが家の状況から。

都内で暮らすわが家には今、2歳になる子供がいるのですが、0歳児の際に申し込んだ認可保育園にはどこにも入れませんでした。あわせて認証保育園にも申し込んでいましたが、希望園からは定員8名に対して「79人待ち」と通知され、思わず天を仰ぎました。

f:id:atsushimatsuoka:20170324172141j:plain

△この通知書を見て、目が点になりました

そんな中、別の認証園から「空きが出た」との連絡が3月末にあり、わらにもすがる思いで4月から入園させてもらったのでした。

解説:国の設置基準を満たしているのが認可保育園、東京都の基準を満たしているのが認証保育園、それ以外は認可外保育園と分類されます。はじめから認証園や認可外園を選ぶ家庭もありますが、まずは認可園に申し込むのが一般的です

認証は私立ですから経済的な負担も大きかったのですが、頑張って1年間通い続けて「通園実績」ができたことで、保育の必要性がポイントとして認められ、ちょうど市内に新設園が増えたタイミングもあって、翌年からはありがたく認可園に通えることになりました。内定通知が手元に届いたときは、妻と抱き合って喜んだほどです。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会