ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

日本人スケーター大躍進!「PHX AM 2017」にて堀米雄斗が2位!池田大亮が8位の快挙!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

 

出典:https://www.instagram.com/cowtownskate/

 

現地時間3月25日〜26日にアメリカ・アリゾナにて行われた「PHX AM 2017」において日本人の堀米雄斗が2位、池田大亮が8位という結果を収めた。

 

予選では日本人が1位、2位!

※池田大亮 instagram cowtownskateより

 

出典:https://www.instagram.com/cowtownskate/

 

予選での日本勢の順位は…

1位  イケダ ダイスケ

2位  ホリゴメ ユウト

22位  ホシノ ハルト

78位  ネツケ カイリ

87位  ウラノ ケント

153位 ニシムラ アオリ(今大会唯一の女子!!)

 

以上、200人以上が参加する中、日本人スケーターの活躍が目立った予選となった。予選1位の池田大亮の滑りの際にはMCが「ダイス〜キ イケダ」とアナウンス(笑)Tampa AMの時にも同じ現象が起こっており、アメリカ人は「ダイスケ」と発音できないのか?? と思う一場面となった。

 

池田大亮のシグネチャーデッキはアメリカでも売れる!?

※ 池田大亮シグネチャーモデル(右・池田大亮モデル 左・早川大輔モデル)

出典:https://www.instagram.com/hibridskateboards/

 

今回の池田大亮の活躍にHIBRIDskateboardsの早川大輔氏も自身のFacebookにて「アメリカでデッキ売った方が売れるんじゃないか」と発言!今後の展開にも期待!!

 

有名スケーター以外も

今大会では、日本のメディアを騒がせている、スケーター以外にも、静岡などから参加していた「ネツケ カイリ」「ウラノ ケント」といった日本勢にも注目。様々な人の協力、先駆者たちのおかげで、本場アメリカの大会に日本人が参加できるようになった時代背景がうかがえる。

 

今後はこの二人にも注目していきたい。

 

本当に「ダイス〜キ・イケダ」の時代が来る!?

今大会、池田大亮のステアでのダブルトレフリップには現地のアメリカ人も大盛り上がりを見せた!これを見た筆者h「日本人がアメリカ人を沸かせている!」と本当に震えた。いつか本当にアメリカでも(みんな)ダイス〜キ イケダの時代が来るだろう。

 

日本のドメスティックブランドが世界で話題になる日はそんなに遠くない!!彼ら日本人スケーターを見ていると、ワクワクするような未来がすぐそこにある。

 


TRANSWORLD SKATEboarding JAPAN 2016-02-04 発売号
Fujisan.co.jpより

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。