体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小林麻央さん 白血球改善にトランポリン挑戦!白血球と健康の関係とは?

小林麻央さん 白血球改善にトランポリン挑戦!白血球と健康の関係とは?
2017年3月23日(木)に更新された乳がんで闘病中のフリーアナウンサー小林麻央さんのブログで、海老蔵さんからのアドバイスにより、白血球を上げるためにトランポリンに挑戦されたことが語られておりました。 (参考)

一体、トランポリンと白血球はどのような関係があるのでしょうか?また、白血球の数によって私たちの健康にはどのような影響があるのでしょうか?

今回は白血球の基本的な免疫の仕組み、免疫機能を上げる方法なども含め、医師に詳しく解説していただきました。

トランポリンで白血球の数値は上がる?

小林麻央さん 白血球改善にトランポリン挑戦!白血球と健康の関係とは?
トランポリンで運動することで、糖尿病患者のインスリン抵抗性・脂質代謝異常・肥満が改善したという論文がありますが、「トランポリンをすることで白血球の機能や数が改善した」という直接的な論文は明らかになっていません。

しかしながら、トランポリンは有酸素運動であり、適度な有酸素運動はNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の活性が上昇し、T細胞・単球の細胞数が上昇し、逆に運動強度が強すぎると、かえって免疫活性が低下すると言われています。

適度な運動とは、最大酸素摂取量の50~60%程度の強さで、1日20~60分程度、週3回以上の頻度で長期間継続するのが理想的とされているので、トランポリンでの有酸素運動が、免疫力の向上に有効である可能性は十分あると思われます。

《参照》
運動によるさまざまな免疫変動と意義

白血球の役割と種類

小林麻央さん 白血球改善にトランポリン挑戦!白血球と健康の関係とは?
白血球は血液中に含まれる免疫担当細胞で、リンパ球・顆粒球・単球があります。

リンパ球

T細胞、B細胞、NK細胞に分類されます。体内に侵入した病原体や異物を認識し、抗体を作り、攻撃して排除します。

がん細胞はもともと自分の体の一部ですが、自分の細胞とは異なる特徴を持っているため、リンパ球によって攻撃され排除されることもあります。

顆粒球

特殊なインクで染めると、細胞内につぶつぶ(顆粒)があるように見えます。染まりやすいインクが酸性か、塩基性か、中性かによって、好酸球・好塩基球・好中球に分類されます。

つぶつぶに含まれた殺菌剤で病原体を排除したり、アレルギー反応を起こすことに関係します。

単球

病原体や異物粒子を取り込んで消化します。また免疫系の働きを調節したり指令を出したりするためのサイトカインという微量物質を分泌します。

白血球の基準値

小林麻央さん 白血球改善にトランポリン挑戦!白血球と健康の関係とは?
白血球全体の数は、3500~9500個/μL程度ですが、年齢や検査施設によって基準値には差があります。

白血球の異常で懸念される疾患

小林麻央さん 白血球改善にトランポリン挑戦!白血球と健康の関係とは?
白血球の数は多ければ多いほうが良いというわけではなく、増えすぎている場合は白血病などの病気であることもあります。

白血病では不良品の白血球ばかりが増えるため、数が多くても免疫機能は低下します。白血球数だけが免疫機能を反映するわけではありません。

白血球が少なすぎる場合

■ 白血球が作られていない

骨髄の病気、抗がん剤や放射線治療の影響など

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。