体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

初めて食べてもどこか懐かしい。優しさと愛が詰まったパンを作り続けて70年「まるき製パン所」【京都】

f:id:mesitsu_la:20170315185712j:plain

こんにちは。メシ通レポーターの泡です。

和食のイメージが強い京都ですが、実は「1世帯あたりのパンの消費量が全国1位」(2013~2015年平均、総務省統計局家計調査より)というパンの都でもあるということをご存じでしたか?

実際、街中から郊外までいたるところにパン屋さんがあり、おしなべてクオリティーは高め。多くの京都人はうどんやお好み焼き同様にごひいきのお店をもっています。

そんな京都で老若男女に愛されているのが、松原大宮にある「まるき製パン所」。

この名を聞くと、ほとんどの人が「あー、あそこな。おいしいよなぁ」と目尻を下げるのがデフォなのです。

f:id:mesitsu_la:20170315185803p:plain

阪急大宮駅から大宮通を南へ下がることしばし。

f:id:mesitsu_la:20170315185818j:plain

バス停なら、「大宮松原」が最寄りです。

f:id:mesitsu_la:20170315185850j:plain

「大宮松原」の交差点を左折し、松原通を東へ進んでください。

f:id:mesitsu_la:20170315185903j:plain

松原通に面したフルオープンなお店です。ノンドア。

f:id:mesitsu_la:20170315185925j:plain f:id:mesitsu_la:20170315185927j:plain

シンプルなショーケースにパンが並んでいます。どうです、そそられるでしょう?

1 2 3 4 5 6次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。