体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

~Vol.12~ 世界中の日本人の安全を守っている、領事局の仕事って?

観光やビジネスを目的に、日本から海外に旅立つ渡航者は1年間に1600万人。さまざまな国に滞在する日本人の安全を守るのも、外務省の仕事です。急増しているテロへの対策をはじめ、治安情況や、習慣・生活ルールも異なる海外では、日本で過ごす時とは違った注意が必要です。では、日本人を守るための取組はどのように行われているのか。外務省領事局の西尾梨奈さんにお話を伺いました。

日本を出たら、“海外モード”!もしもの時、頼れるのは領事さん。

学校帰りに、授業や部活で疲れてしまって、ついつい電車で居眠りをしてしまう。日本ではよくある光景ですが、海外ではありえないことです。寝ている間に財布を盗まれたり、いつ犯罪の被害に遭うかもわからない。みなさんも海外旅行に行く時には、「ここは日本じゃないから気を付けなきゃ」という“海外モード”にならないと、せっかくの楽しい旅が台無し、なんてことになってしまうことも。でも、いくら気を付けていても、トラブルに巻き込まれてしまうことがあるかもしれません。言葉も文化も分からない国で、万一の時に頼りにしてほしいのが、各国の日本大使館・総領事館にいる領事です。大使館や総領事館は、海外に滞在している日本人を助け、必要な手続きなどを行う機関。もしも、バッグを盗まれてパスポートもなくなってしまった!どうしよう……という時でも、大使館・総領事館で再発行などの手続きを行うことができます。日本人が海外で過ごす間のサポートを担っているのです。そして、各国の領事の業務をバックアップしている私たち領事局もまた、日本人が安全に、安心して海外での時間を過ごせるよう、さまざまな取り組みを行っています。


海外での安全意識を高めてもらうための、さまざまなプロモーション活動を展開中!

私は入省して1年目ですが、現在は海外における日本人の安全を守るための、外務省の取り組みの広報活動に携わっています。みなさんにもぜひ知ってほしいのが、外務省が提供している海外安全情報配信サービス「たびレジ」です。渡航先や渡航時期、連絡先を入力するだけで、その国の領事から危険情報や発生した事件の速報、自然災害の予報などを日本語でリアルタイムでお届けしています。この「たびレジ」をもっと多くの人に知ってもらうために、ポスターやパンフレットを制作して、全国のパスポートセンターをはじめとする、海外渡航者の目に留まるようなスポットに設置するのも私の仕事。ほかにもセミナーやSNSを使ったり、「春の海外安全強化月間」キャンペーンを打ち出したりと、さまざまなプロモーションを展開しています。また、実際に「たびレジ」に登録した方がより便利に使えるように、メールで送信する文面も、ポイントを絞った見出しをつけて読みやすくするなど、一人でも多くの方に“海外モード”の意識を持ってもらえるような活動をしています。

【「たびレジ」では、渡航先や連絡先を登録することで、現地での危険情報をリアルタイムで受け取ることができます】(実際の「たびレジ」登録画面)

しっかり安全対策をして、どんどん海外でチャレンジしてほしい。

以前と比べると、観光でもお仕事でも、海外に出ていくハードルは下がっていると思います。その一方で国外での危険性は日に日に高まっているのが現実。高校生のみなさんも連日のようにテロ関連の報道を目にすると思いますが、残念なことに、今、テロはとても身近なものになってきているんです。以前は、政府組織や軍事機関が標的になっていましたが、最近のテロ事件では、レストランや駅など、一般の方が多く利用する施設もターゲットになってきています。2016年に発生したバングラデシュ・ダッカのテロ事件では、レストランが襲撃され、現地に滞在していた国際協力事業に携わる日本人の方も被害に遭いました。海外には日本にはないたくさんの魅力や可能性があるのも事実であり、危険だからといって、海外旅行に行く人が減ったり、世界で活躍する日本人が減ってしまうのは残念なことです。日本人が安心して国外へ渡り、どんどん挑戦してもらうためにも、現地での日本人の安全を守る領事の役割はますます重要になってきていると思います。と同時に、やっぱり“自分の身は自分で守る”のが基本。みなさんにもしっかり安全対策をして、海外に向かってほしいと思います。私たち領事局も、日本人のみなさんが被害に遭わないようにするために、情報提供や注意喚起により一層、力を入れていきたいと思っています。

1 2 3次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会