体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

無茶でしょ!と思ったけれど意外と回れるかもしれない「24時間ロンドン弾丸プラン」

無茶でしょ!と思ったけれど意外と回れるかもしれない「24時間ロンドン弾丸プラン」

長期休暇でせっかく海外へ行くなら、できるだけ多くの街を巡りたい。そんな旅が好みの人に、とっておきの記事を紹介しよう。

「Central London Apartments」が提案するロンドン満喫プランなら、たった1日で見どころを網羅することが可能。ただし、24時間で24箇所を回るという「弾丸中の弾丸計画」だ。

面白いポイントは2点。ただ予定を詰め込んだだけでなく、時間ごとに最高のチョイスで1日をプロデュースしてあるところ。そして、「いやいやそれは無茶でしょ」と思いつつも、案外移動距離は妥当で、合間合間に息抜きもあり、頑張ればできてしまうのでは?という絶妙なリアリティーを伴っているところ。

AM6:00
街一番の朝市を見て回ろう

無茶でしょ!と思ったけれど意外と回れるかもしれない「24時間ロンドン弾丸プラン」

さぁ、まずはニューコベントガーデンマーケットへ。ここは街で一番の花市場。カゴを持って行って好きなだけ花を買うのも良いし、買う気が無くとも視界を埋め尽くす“花の海”や買い付けに来た人を見るだけでも訪れる価値がある。

花瓶やイベント用の小物、フレッシュな野菜や果物なども売っているので、色々と見て歩いたり人と話をするのも楽しい。

AM7:00
伝統的なイギリスの朝食を堪能

ひととおり市場を見て回ったら、周辺エリアで伝統的なイギリスの朝ごはんを楽しもう。ここでポイントなのは新しいチェーン店ではなく、「古くて薄汚い安食堂のようなカフェ」を選ぶこと。地元密着なカフェで真のイングリッシュ・ブレックファーストを堪能しよう。

めまぐるしくも冒険に満ちた24時間は始まったばかり。ここでしっかりお腹を満たし、気合を入れて出発しよう。

AM8:00
国会議事堂を見学

無茶でしょ!と思ったけれど意外と回れるかもしれない「24時間ロンドン弾丸プラン」

準備ができたら、地下鉄に乗るかテムズ川沿いに歩いて、国会議事堂を見に行こう。早く着いて十分時間があるときは、国会議事堂で1日の仕事が始まるまでの間、ツアーガイドに中を案内してもらえることもある。

中では美しい会議場や豪華絢爛な女王の着替え部屋、クラシックな王室のギャラリーを見ることができ、素晴らしい目の保養になるだろう。

AM9:00
ロンドン・アイに乗ろう

無茶でしょ!と思ったけれど意外と回れるかもしれない「24時間ロンドン弾丸プラン」

次はウエストミンスターブリッジを渡って、1999年開業の巨大観覧車「ロンドン・アイ」から街を一望しよう。ここは旅行者にとってはマストのスポット。特に朝、1日の始まりにロンドンが目覚め始める様子をはるか上空から見下ろすのは格別の眺めだ。

AM10:00
コーヒー片手に芸術を満喫

ロンドン・アイから降りたらすぐ隣のサウスバンク・センターを訪れよう。ここは芸術関連の複合施設で、ロンドンの中でも特にアツいカルチャー・スポットだ。近くのお店でコーヒーを買って、それを片手にヘイワード・ギャラリーを見て回ろう。映画好きの人はその隣のFBI(英国映画協会)サウスバンクにも絶対に足を運ぼう。

AM11:00
 テート・モダンで現代美術見学

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。