ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

エッフェル塔のトリビア5選〜エッフェル塔と結婚!?〜

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「エッフェル塔のないパリはパリではない」というぐらい、今やエッフェル塔はパリのシンボル。エッフェル塔が建設されて、悠に100年は超えました。そんな長い歴史の中で、少し奇妙で面白いエピソードがいくつも生まれました。エッフェル塔のトリビアを紹介します。

エッフェル塔建設は意外にも反対派が多かった ?

エッフェル塔のトリビア5選
エッフェル塔は現在市民権を得ていますが、建設当時は芸術家、作家などの著名人たちは建設そのものに反対しました。その理由は「パリの景観を壊す」から。その中でも作家モーパッサンのエッフェル塔嫌いのエピソードは少し強烈。モーパッサンはエッフェル塔のレストランによく通っていたそうです。普通はエッフェル塔から見える景色が好きだからなど、好意的な理由からこのレストランで食べているように考えますね。しかし、モーパッサンは違うのです。エッフェル塔のレストランで食事をするのは、ここが唯一エッフェル塔を見なくて済む場所だから。フランス人らしいユーモアと皮肉たっぷりな行動です。

エッフェル塔と結婚したアメリカ人女性

エッフェル塔のトリビア5選
「エッフェル塔は美しい」、誰もがこの鉄の貴婦人を見ると漏らす言葉です。そんな美しいエッフェル塔に恋をした女性がいました。2004年にエッフェル塔を初めて訪れたアメリカ人女性、Erika LaBrie.は、この鉄の塔に一目惚れ。その後、エッフェル塔と結婚をして(誓約式というかたちとして)、 Erika la Tour Effelになったのだとか。ネットでMarried to the Eiffel Towerというドキュメンタリーが発表され、話題になりました。

エッフェル塔の色は茶色じゃなった ?

エッフェル塔のトリビア5選
現在のエッフェル塔の色は赤みがかかった茶色のような色ですが、エッフェル塔建設時はは違う色をしていたのだそうです。まず、最初は、赤色! その後、黄色、青色に塗り替えられていったのだそうです。個人的には黄色のエッフェル塔というのが気になります。当時エッフェル塔はどっしりとしたタワーというよりも、カラフルな可愛らしい塔だったのかもしれませんね。

エッフェル塔の階段の数は ?

エッフェル塔のトリビア5選
エッフェル塔は115メートルの高さまで登ることができます。ここまで登るのに、階段をいくつ登らなければならないのでしょうか。なんと1665もの階段があるのだそう。気が遠くなるほどの階段の数です。体力にぜひ自信がある方はどうぞ。ぜひ、階段を使ってエッフェル塔を登ってみてください。

エッフェル塔のイルミネーションに必要な電球の数は ?

エッフェル塔のトリビア5選
夜は美しいエッフェル塔のイルミネーションに誰もがうっとりとなります。そして1時間に一度エッフェル塔のライトアップが行なわれます。毎回、「わーっ」という歓声が聞こえてくるほど、エッフェル塔のイルミネーションは多くの人を惹きつけます。そんなエッフェル塔のイルミネーションに必要な電球の数を知っていますか。全てを使う訳ではないそうですが、2万個の電球がエッフェル塔には備わっているそうです。大きなイベントの時などに、様々なカラーのライトアップをするために、常備してあるとのことです。

世界一有名なタワー、エッフェル塔のトリビア、いかがでしたか。こうしたエッフェル塔のトリビアを知ることによって、このパリのシンボルの鉄の塔の見方も変わってきますね

[PARIS ZIGZAG]
[news.com.au]
[All photos by Nanako Kitagawa]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
非公開: 天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。