ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

伊井家の赤備えをイメージした「赤鬼うどん」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

3月24日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時30分~)では、忍者の里として知られる伊賀から井伊家ゆかりの地・彦根を目指す旅の中で、渡辺正行さんが「麺匠・ちゃかぽん」(滋賀県彦根市)を訪れた。

JR琵琶湖線彦根駅から徒歩15分ほどの同店は、近江牛専門店がプロデュースしたうどん店。
「赤鬼」の名前に惹かれて入店した渡辺さんが頂いた「二代目・赤鬼うどん」は伊井家の赤備えをイメージして作られたオリジナルメニュー。大きなすり鉢のようなどんぶりに、うどんと野菜、その上に大きなしゃぶしゃぶ用の近江牛が3枚も乗った豪華な一品だ。急須に入ったアツアツのお出汁をかけると真っ赤なお肉がピンク色に変わっていくのも心躍る演出。

お肉とうどんを一緒に食した渡辺さんは満足そうな表情で「うん!おいしい!お肉とうどんって合うんだね~」とコメント。「この出汁がおいしい」と絶賛するスープは、かつおベースに赤味噌をブレンドした少し甘みを感じる味わいで、お肉にもコシのある讃岐うどんにも良く合う。「これは贅沢だね。おいしい!」と思わず店員さんと握手を交わすほど感動していた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:麺匠ちゃかぽん(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:彦根・多賀・愛荘のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:彦根・多賀・愛荘×和食のお店一覧
絶妙な蜜とぷにょぷにょ食感の「みたらしだんご」
1時間限定のできたて釜揚げうどん

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。