ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

春奈るな&妄キャリ 初共演! ノイタミナ新アニメ『冴えカノ♭』ステージで、羽咲“うれし泣き”

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
春奈るな&妄キャリ 初共演! ノイタミナ新アニメ『冴えカノ♭』ステージで、羽咲“うれし泣き”

 春奈るなと妄想キャリブレーションが、3月25日 東京ビッグサイトにて開催された【AnimeJapan2017】内『冴えない彼女の育てかた♭』スペシャルイベントに出演。それぞれオープニングテーマ「ステラブリーズ」、エンディングテーマ「桜色ダイアリー」を歌唱し、会場に集まった約1,500名のファンを魅了した。

【春奈るな】キュートなライブ写真【妄キャリ】

 本イベントは、告知されるや否やチケット即完となったプレミアムイベント。松岡禎丞、安野希世乃、大西沙織、茅野愛衣ら、声優キャストによるトークイベントなども行われた。ライブコーナーの最初は、同シリーズの第1期『冴えない彼女の育てかた』のオープニングテーマ「君色シグナル」に続き、第2期のオープニングテーマも担当することとなった春奈るな。「ステラブリーズ」の生ライブでの披露は今回初となり、待ちわびたオーディエンスの前に白の華やかな衣装に身を包み登場すると、会場は一気にライブモードに。さわやかな歌声で会場の空気を一気に自身の色に染め上げた。

 続いて登場したのは、妄想キャリブレーション。アニメが大好きで、「いつかアニメタイアップを歌いたい!」という夢を掲げて活動してきた彼女達にとって、夢のステージになった今回のライブ。第一期のエンディングテーマを歌った沢井美空とともに作詞した「桜色ダイアリー」を歌唱し、<お願い! お願い! 止めないで>というキュートな歌詞で、会場を沸かせた。

 ライブ後は、声優陣とともにアーティストも再度登壇。春奈るなは「また『冴えカノ』の楽曲を歌えることが本当に嬉しいです」と語ると、妄想キャリブレーションの桜野羽咲は「私たち秋葉原出身のアニメファンとしては、夢のような事です!」と話しはじめ、嬉しさのあまり涙を流すシーンも見せた。

 人気アニメ『冴えカノ♭』とともに、そのオープニングテーマとエンディングテーマを飾る春奈るなと妄想キャリブレーションの活躍にも、注目があつまる。

◎リリース情報
春奈るな
シングル『ステラブリーズ』
2017/5/3 RELEASE
<初回生産限定盤>(CD+DVD)
VVCL1014-5 1,600円(tax in.)
<通常盤>(CD)
VVCL1016 1,300円(tax in.)
<期間生産限定盤(アニメ盤)>(CD+DVD)
VVCL1017-8 1,500円(tax in.)

妄想キャリブレーション
シングル『桜色ダイアリー』
2017/6/14 RELEASE
<初回生産限定盤>(CD+DVD)
SRCL-9424~25 1,700円(tax in.)
<通常盤>(CD)
SRCL-9426 1,300円(tax in.)
<期間生産限定盤(アニメ盤)>(CD+DVD)
SRCL-9427~28 1,700円(tax in.)

◎春奈るな ライブ情報
【春奈るな LIVE 2017 “5th Anniversary Fes.”-with you-】
2017年5月2日(火)Zeppダイバーシティ東京
OPEN 18:00 / START 19:00
チケット:全自由 5,000円(税込・ドリンク代別途500円必要)※未就学児入場不可
ゲストアーティスト:KOTOKO、AKIRA …and more!
お問合せ:サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10:00~18:00)

◎アニメ情報
TVアニメ『冴えない彼女の育てかた♭』
2017年4月13日よりフジテレビ“ノイタミナ”にて毎週木曜24:55~放送開始 ほか各局でも放送開始
#0 先行配信決定!(Amazonプライム・ビデオにて日本では4月6日配信)
オープニングテーマ:春奈るな「ステラブリーズ」
エンディングテーマ:妄想キャリブレーション「桜色ダイアリー」
www.saenai.tv/
(C)2017 丸戸史明・深崎暮人・KADOKAWA ファンタジア文庫刊/冴えない♭な製作委員会

関連記事リンク(外部サイト)

ガルニデ/春奈るな/瀧川ありさ/ELISA 4組コラボ実現! Aimer、Kalafinaも出演イベント大盛況
次は冴えカノ!アキバ発アイドル妄キャリ、ヲタ特有の異様な早口で語るアニメ愛&涙のツアーファイナルレポ
水樹奈々/スフィア/田村ゆかり/GRANRODEOら出演決定! 今年のアニサマは「THE CARD」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。