体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

業界最小サイズ! USBワンセグチューナー『小型版ちょいテレ』


バッファローは、同社より発売中のUSBワンセグチューナー『ちょいテレ』の機能そのままに、さらに小さくなった『小型版ちょいテレ』を発売します。大きさW18×H10×D43mm、本体とアンテナを合わせてもたった11gと、ミニノートパソコン(ネットブック)にも使いやすい業界最小サイズになりました。6月中旬の出荷予定で、希望小売価格は5800円です。



視聴ソフトウェア『PCastTV for ワンセグ』には、小さな画面でも見やすく操作しやすい『ミニモード』を搭載。CDドライブのないパソコンでも設定できるように、ドライバアプリケーションソフトはオンラインでダウンロードできます。

また『小型版ちょいテレ』で録画した番組をパソコンに保存しておいて、メモリーカードで『プレイステーション3(PS3)』『プレイステーション・ポータブル(PSP)』などの機器に転送して視聴できる『ダビング10』にも対応しています。添付ソフトの『録画番組ムーブ』機能を使えば、録画データを変換する必要もありません。


インターネット番組表からの予約録画や、キーワードによる自動録画(おまかせ録画)、見たいシーンだけ頭だしする『お目当てシーン検索』などの機能も充実。同じ番組を見ている人とリアルタイムにコミュニケーションができる、無料のテレビ実況コミュニティ『おしゃべりテレビ』や、視聴中の番組に関する情報を直接検索して閲覧できる『Yahoo!ウィジェット』にも対応しています。

『小型版ちょいテレ』を使えば、使っているパソコンがそのままテレビ&HDDレコーダーになってしまいそうです(このニュースの元記事はこちら)。
 
 

■こんな関連記事もあります
ルパン三世フィギュア型USBメモリー、バッファローより発売へ
IT忍者アイテム!? 手裏剣型USBメモリー『Ninja』で隠密工作?
見覚えある“あの顔”もデザインされた!? カードリーダー&ライターシリーズ発売
マウスコンピューター、7万円台からの地デジチューナー搭載フルHD液晶ディスプレイセットモデルPC発売

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。