ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ドレイクの新作『モア・ライフ』が全米ALチャート初登場1位、前作のストリーミング初動記録を更新

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ドレイクの新作『モア・ライフ』が全米ALチャート初登場1位、前作のストリーミング初動記録を更新

 2017年3月18日にリリースされたドレイクのニュー・アルバム『モア・ライフ』が4月8日付の米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で首位デビューを果たし、ストリーミングの記録も塗り替えた。

 ニールセン・ミュージックによると、『モア・ライフ』は2017年3月23日で終わるチャート週に50.5万ユニットをマークした。これは自身の『ヴューズ』が104万ユニットを記録して2016年5月21日付のチャートで首位デビューをして以来、最多となる数字だ。

 “Billboard 200”チャートは週ごとにセールス(“トラディショナル・アルバム・セールス”と呼ばれる従来の形態で販売されたアルバム数と、“トラック・イクィヴァレント・アルバム(TEA)”と呼ばれるトラックごとのダウンロード数をアルバム数に換算するシステム)やストリーミング再生数をアルバム数に換算して(“ストリーミング・イクィヴァレント・アルバム(SEA)”)合算した総合アルバム・ランキングで、『モア・ライフ』が1位でデビューする最新の4月8日付チャートTOP10は現地時間3月28日に米ビルボードのサイトで発表される。

 『モア・ライフ』の初動の約半数を占めているのはストリーミングで、SEAが約25.7万ユニット、つまりアルバムの22曲が約3億8,480万回再生された計算になる(1ユニット=1,500回)。この数字は『ヴューズ』が持っていた初動記録、約16.3万ユニット(2億4,510万回再生)を抜いた。

 残りのセールスはTEAが2.3万ユニットで、従来の形態で販売されたアルバム数が22.6万枚(現在まだデジタル・ダウンロードでしか購入できないため、数字は全てダウンロードによるもの)。後者の数字は1週間のアルバム販売数としては2017年に入ってから2番目に多く、3月3日にリリースされたエド・シーランのニュー・アルバム『÷』(ディバイド)の32.2万枚に次ぐ勢いだ(こちらはダウンロードとCDで購入できた)。『ヴューズ』は85.2万枚でデビューした(全てダウンロード)。

 『モア・ライフ』は3月18日に全てのストリーミングとデジタル・ダウンロード・サービスでリリースされ、その前日にはApple MusicのBeats 1 Radioでドレイクが持つ番組『OVOサウンド』で初公開された。CDは3月31日にリリースされ、アナログ盤も近くリリースされる予定 。

 『モア・ライフ』はドレイクにとって連続7枚目の初登場No. 1アルバムとなった。唯一首位デビューを果たせなかったのは彼のデビューEP『ソー・ファー・ゴーン』で、2009年に6位で発進している。

 No. 1アルバム数を7枚に伸ばしたドレイクは、ヒップホップ・アーティストとしてはカニエ・ウェストとエミネムに並び、ジェイ・Zの13枚に次いで2位になった。

関連記事リンク(外部サイト)

ニッキー・ミナージュxドレイクxリル・ウェインによる相性抜群のコラボ「ノー・フローズ」(Song Review)
ドレイク、好きが高じてシャーデーのタトゥーを入れる
ドレイクの新作『モア・ライフ』、Apple MusicとSpotifyの発売初日再生記録を更新

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。