体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

定年後に親と同居[5] その後【前編】「完全分離型」の二世帯住宅が理想

定年後に親と同居[5] その後編【前編】「完全分離型」の二世帯住宅が理想

定年を機に妻と猫4匹を連れて東京のマンションから38年ぶりに実家にUターン。結婚して初めての同居で、親世帯との生活スタイルや価値観の違いに筆者(息子)と「嫁」のストレスは高まるばかり。(参考記事:定年後に親と同居[2] 38年ぶりに親と暮らすということ)

長い間離れて暮らしてきた高齢世帯が同居を始めるのは二世帯住宅であっても難しいと実感しつつ、「嫁」の立場から「完全分離型」二世帯住宅のメリットに注目します。

同居して1年、違いすぎる生活スタイルや価値観に疲弊

二世帯住宅のプランでは、玄関やトイレなど設備の一部を共用する「融合型」が一般的です。一方わずかですが、居住空間が世帯単位でまったく別々の「完全分離型」もあります。・参考記事:同居は「毎日会う」が約8割。近居は? 住まい方と会う頻度を調査(SUUMOジャーナル)

子世帯も親世帯もまだ若いうちなら、同居の経済的メリットも大きく、親子一緒に新しい生活スタイルをつくり上げていきやすいでしょう。しかし、長い間離れて暮らしてきた親子世帯がいざ同居となるとそうはいきません。その意味で、完全分離型の二世帯住宅は、生活スタイルが確立してしまった高齢二世帯で始める同居に適したプランだと思います。

わが家の場合、キッチンとトイレはそれぞれあるのですが玄関と階段、浴室、居間(和室)を共用する「融合型」で、食事は一緒にとるスタイル。実の親子で遠慮はいらないし、料理も同じなら経済的なので、それで十分うまくやっていけると思っていました。ところが、同居から1年たった今も新しい生活になじめず疲れ果てています。食事の仕方や料理の好み、洗濯や入浴の仕方、好きなテレビ番組、ペットの飼育や友人関係、部屋の温度の好みなど、親子といえども40年近く離れて暮らすとこうも違うのかと驚くほど、あらゆる生活シーンで、大切だと思うことや当り前だと思うこと、美しいと感じるものが違っているからです【図1参照】。【図1】異なる生活スタイルや価値観(筆者のケース)

【図1】異なる生活スタイルや価値観(筆者のケース)

特に、食事の仕方と料理の好みのギャップは大きく、3度の食事がしだいに苦痛になり、食事時間の融通が利かないこともあって私自身体調を崩してしまったほどです。他人から見ればささいなことかもしれませんが、自分たちが気持ちよく暮らせるよう長い年月をかけてつくり上げてきた生活のやり方を否定したり変えたりせざるをえない状況は、お互いにとって大きなストレスです。これに親子間、嫁姑間のコミュニケーションギャップが加わるので本当に大変です。

「嫁」には完全分離型が理想的

二世帯住宅で快適に同居するためには、親子で事前にしっかり話し合い、生活する上でのルールを決めておくことが大切だと言われます。ところが、90歳近い高齢の両親は、心身ともに柔軟性が低下して新しい物事を受け入れられにくくなっています。

例えばゴミの分別や省エネ、家事のやり方などについて、よかれと思って提案しても今までのやり方を変えてくれないことが少なくありません。やむなく、私たちが両親にできるだけ合わせることになります。

実の息子でさえイライラするほどですから、血縁も地縁もほとんどない土地にやってきた「嫁」が同居で感じるストレスは半端なものではありません。生活の仕方が突然大きく変わったうえ、決して嫁イビリではなくても姑とのちょっとした言葉の行き違いがたび重なれば、何かと遠慮しがちな「嫁」に被害者意識が芽生えたり、ある日突然心が折れたりしても仕方がないでしょう。

親と同居すると告げたとき、親孝行だと感心してくれたひとりの友人以外はみな、妻を褒めたり気遣ったりした理由がようやく分かりましたが、もはや後の祭りです。

よく「母(父母)の恩は山よりも高く海よりも深し」などと言います。しかし、血のつながった母はどんなことがあっても母のままですが、妻は大切にしないと「元妻」になるかもしれません。大学卒業まで育ててくれた父母の恩を忘れることは決してありませんが、子どもを産み育て40年間近く喜怒哀楽を共にしてきた妻が、自分の親との同居でつらい思いをしているわけですから、彼女の笑顔を取り戻すことが何より大事です。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。