体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

英会話表現を「暗記ゼロ」で身につけられるシンプルな方法とは?

『頑張らない英語』シリーズ(あさ出版)『英語を「続ける」技術』(かんき出版)など数々の英語学習に関する著書を出されている西澤ロイさん。英語の“お医者さん”として、英語学習の改善指導なども行っている西澤さんに「正しい英語学習の方法」についてお話しいただくこのコーナー。第3回目の今回は「少ないボキャブラリーで表現するコツ」についてです。

f:id:asukodaiary:20170321153900j:plain

英語では、基本的な動詞と前置詞を組み合わせるだけで、基本的な会話に苦労しなくなるだけの表現力が身につけられます。ただし「感覚的に理解する」ことが欠かせないのですが、多くの方ができておらず、苦しい暗記をしてしまっているのです。今まで誰も教えてくれなかった、句動詞(動詞×前置詞)の正しい理解の仕方について解説します。

大きな誤解:ボキャブラリーがないから話せない

英語が話せない原因を「ボキャブラリーが(少)ないから」だと考える人が少なくありません。しかし、それは大きな誤解なのです。英語の日常会話の8割は、わずか1,000単語程度の中学英語――。ですから、簡単な単語をいかに使いこなすかが重要なのです。

例えば「消火する」を英語でどう言うか分かりますか? 辞書を引くと真っ先に出てくるのは「extinguish」という動詞。これを使って

「extinguish the fire」

のように言うことができます。

さて、ここで「消火する=extinguish」のように暗記してしまう人が多いのではないでしょうか。extinguishという単語は10文字ありますが、このような単語を「教養語」と言います。「消火する」ことは「基本語」、つまり基本的な単語を使っても表現することができます。

「put out the fire」

このように言っても実はOK。putもoutも中学英語(どちらも3文字!)であり、ネイティブも日常的にはこういう基本的な単語を使ってしゃべっているのです。

ボキャブラリークイズ

ではここで、ちょっとクイズをやってみましょう。

以下の日本語を英語にしてみてください。

1.意識を失う( )

2.配布する( )

3.代理を務める( )

4.彼のことをいじめる( )

5.正しいことと間違っていることを区別する( )

なお、全然分からなくても、全く気にする必要はありませんよ。

では答えをご覧いただきましょう。まずは「教養語」バージョンの答えです。

1.意識を失う

lose consciousness

2.配布する

distribute

3.代理を務める

substitute

4.彼のことをいじめる

bully him

5.正しいことと間違っていることを区別する

distinguish between right and wrong

真面目な方はこれらを「覚えよう」としがちですが、英語の中級者以上でない限り、オススメいたしません。また、この答えを見て「難しい」と思った人が多いのではないでしょうか。そうなんです。だから「教養」語と呼ばれるのです。

では次に、「基本語」バージョンの答えをご覧いただきましょう。

1.意識を失う

pass out

2.配布する

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。