ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

地下鉄の列車無線は微弱な電波の誘導無線を採用

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
地下鉄の列車無線は微弱な電波の誘導無線を採用

大都市の影の鉄道網・地下鉄。すべての路線で列車無線が導入されていますが、地下トンネル区間を走るため、VHF帯やUHF帯の空間波では、トンネル内に効率良く電波を送り届けることができません。そこで地下鉄は誘導無線を採用しています。地下鉄の列車無線について詳しく見ていきましょう。

地下鉄の列車無線は電波が微弱

誘導無線とは、線路に沿って敷設された誘導線と呼ばれる電線と、先頭車両の屋根に取り付けられたはしご状や四角いリング状、あるいは中間車の連結部分(妻面)にある棒状の形をしたアンテナと電気的に結合して通信を行うシステムです。

誘導無線の周波数は、AMラジオ放送よりも低い長波帯の100~275kHz。周波数の単位は「MHz」ではなく「kHz」になります。

誘導無線は電波が微弱なため、感度良く受信することが困難。誘導線が見えるホーム上でも、ほんの数m離れただけで途端に感度が悪くなります。誘導線に最も近づける乗車中であっても、金属製の車体がシールドとなって電波をブロックしてしまうのです。

地下鉄の列車無線は開口部の近く

地下鉄の列車無線は、窓やドアといった開口部の近くなら、誘導線からの電波を拾いやすくなります。同時通話ができる複信式なのので、指令側の周波数を受信しましょう。

ワンマン運行を実施している路線を中心に、150MHz帯の列車無線を導入している地下鉄があります。トンネル内に基地局のアンテナとなるLCX(漏洩同軸ケーブル)を敷設し、誘導無線では難しいデータ通信を150MHz帯で行うものです。

地下鉄でのデータ通信は、列車の動態把握のほか、列車側の放送設備の制御にも用いられます。指令所が遠隔操作することで、乗客への車内放送のほか、車内で押された非常通報ボタンを運転士が応答しなかった場合、指令所が代わりに応答して、乗客と通話できるのです。これらの機能を実現するために指令側の周波数には、データを乗せた「ピーコロ…」という空線信号が流れています。

誘導無線を150MHz帯のデジタル無線への移行する動きがありますが、デジタル化するのはしばらく先の話。まだまだ誘導無線に挑戦できますよ。(文/おだQ司令)

関連記事リンク(外部サイト)

JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
JRのお得な切符ならJR西日本一日乗り放題きっぷ
JRきっぷのキャンセル料をタダにする方法!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。