ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

米ディズニーCEOボブ・アイガー、映画『スター・ウォーズ』のハン・ソロのスピンオフ映画や今後の計画を明かす

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


3月23日(現地時間)、USCテック・カンファレンスで、米ウォルト・ディズニー・カンパニーのCEOボブ・アイガーが、今後公開される映画『スター・ウォーズ』シリーズについて詳細を明かした。

カンファレンスでアイガーは、2019年には 「間違いなく」自身の任期は終わっているとしながらも、エピソード8となる映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を見て、作品に広く登場するキャリー・フィッシャーの死をどのようにディズニーが取り扱っているかについて言及した。

アイガーは、「フィッシャーの死に対処するためにエピソード8の物語を変更することはしていません。彼女のパフォーマンスはエピソード8に残っています」と語り、「私たちは映画『ローグ・ワン』でデジタル的なキャラクターを少し作りましたが…キャリーではそれはしていません」と、続けた。

またアイガーは、今後公開されるハン・ソロのスピンオフ映画について、18歳から24歳までのソロの人生を追ったものになると明かした。アイガーは、作品でソロが、「ある乗り物を手に入れ、ウーキーと出会うシーン」があると明かし、「彼がどのようにして、ハン・ソロという名前を手に入れたのかがわかるでしょう」と、語った。

ルーカスフィルムを買収した当初、ディズニーは、3部作の新しい『スター・ウォーズ』シリーズを想定していた。しかし現在、ディズニーのクリエイティブ・チームはエピソード9をはるかに超える『スター・ウォーズ』シリーズの物語に取り組んでいるとアイガーは語った。アイガーは、チームが、「15年先の『スター・ウォーズ』がどうなるのか」を考えていると語った。

アイガーは、『エピソード8』の他の部分については固く口を閉ざしたが、10代の息子たちにプロジェクトの秘密が漏れないように、時々ベッドカバーの下でラップトップを開き、フィルムを確認しているという。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。