ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Android Studioは今後Chrome OSに対応する見込み

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Google が提供している Android アプリの統合開発環境「Android Studio」が Chrome OS に対応すると予想される情報が Chromium のコードレビューサイトで発見されました。Android Studio は Android アプリを開発するためのソフトウェアで、現在は Windows、Linux、Mac をサポートしており、Chrome OS は非サポートです。Chrome OS は比較的安価な Chromebook に搭載されていることもあって Chrome OS に対応することでアプリの間髪環境を安価に用意できるようになると考えられますが、ビルドやデバッグの性能が心配されます。それよりも重要なのは Chrome OS へのアプリの最適化やテストが容易になると予想されることです。Chrome OS は昨年から Android アプリのサポートを強化しているので、Chrome OS 上でアプリを開発できるようになると、ハードウェアへの対応、機能のテスト、パフォーマンスの最適化が一台で可能になり、Chrome OS におけるアプリ側の対応が劇的に改善すると予想されます。Source : Chromium

■関連記事
Lenovo、今年は日本でのスマートフォン販売を強化
Android Oの新機能 : クイック設定パネルにバッテリーセーバーが追加
Huawei Honor 6Xに爽やかなブルーと可愛いピンクが登場

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。