体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マイク・ミルズ監督6年ぶり、待望の新作20TH CENTURY WOMEN

_DSC1040.NEF

第74回ゴールデン・グローブ賞にもノミネートされた20TH CENTURY WOMEN(原題)が邦題『20センチュリー・ウーマン』となって日本で公開する。
前作『人生はビギナーズ』では自身のゲイの父親を描き絶賛を受けたマイク・ミルズ監督が、今度は自身の母親をテーマに描いた6年振りの待望の新作。主演のアネット・ベニングは、監督自身の母親がモデルになったという、思春期の息子の成長に悩む愛情溢れるシングルマザーの母親を演じた。

『20センチュリー・ウーマン』は、6月に丸の内ピカデリー/新宿ピカデリーほかで全国公開だ。

『20センチュリー・ウーマン』
監督・脚本:マイク・ミルズ『人生はビギナーズ』
出演:アネット・ベニング『キッズ・オールライト』、エル・ファニング『SOMEWHERE』、
グレタ・ガーウィグ『フランシス・ハ』
配給:ロングライド
(C)2016 MODERN PEOPLE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
6月、丸の内ピカデリー/新宿ピカデリーほか全国公開
www.20cw.net

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。