ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

本当に売れているのはコレ!ドライブで寄りたい道の駅必食ランチ6選【東海】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
本当に売れているのはコレ!ドライブで寄りたい道の駅必食ランチ6選【東海】 おふくろの味定食

ドライブ途中の休憩場所から、今や旅の目的地として進化した道の駅。

人気の秘密は、ご当地の食材を使って作る地元のお母さんたちの愛情込めた料理や、その土地ならではの土産品など様々。

そこで、東海周辺にある道の駅にアンケート調査を行ない、売れているご当地グルメをリサーチしました!

今回は道の駅の人気グルメの中でもご当地の食材を一番多く味わえるといっても過言ではないランチにしぼってご紹介!

野菜、穀物、米、そば…。

地元の人の愛情も詰まった、ヒット料理がラインナップしていますよ!

記事配信:じゃらんニュース

1. 道の駅 おばあちゃん市・山岡【岐阜県恵那市】

旬の味覚が満載!心と体が喜ぶふる里の味が集結。

おふくろの味定食

おふくろの味定食 750円

1日の最高販売数450食

リピーター続出の名物定食。春から夏は朴葉やみょうが寿司、秋から冬は栗ごはんや自然薯料理が登場。

季節毎に収穫した地元食材を使い、愛情込めて朝から手作り。

やさしい味が身体に染みます。

休日は13時前に売り切れるので早めに行く方が良いですよ。

コレも売れてます!「手づくりおはぎ 5個入り500円」

黒ごまやきな粉をまぶして作る、おばあちゃんのお手製おはぎ。うるち米ともち米を合わせたモチモチの食感。

手づくりおはぎ 5個入り500円

道の駅 おばあちゃん市・山岡は直径24mのデッカイ水車が目印。

新鮮野菜や毎朝手作りする惣菜ほか、東濃地方に伝わる米粉を使った菓子「からすみ」も販売。

蓬莱本館の「豚まん」も大人気です。 道の駅 おばあちゃん市(いち)・山岡

TEL/0573-59-0051

住所/恵那市山岡町田代1565-169

営業時間/9時~18時

定休日/なし

アクセス/中央道瑞浪ICより20分

駐車場/70台

「道の駅 おばあちゃん市・山岡」の詳細はこちら

2. 道の駅 飯高駅【三重県松阪市】

薄味仕上げのバランスの良いヘルシー弁当。

松花堂弁当

松花堂弁当 990円

1日の最高販売数125食

可能な限り地元食材を使い、毎月料理が替わるお弁当。

刺身、野菜の煮物、豚肉や鶏肉のからあげなど、料理バランス、味、コスパの良さでヒット作に。

手作り味噌を使った味噌汁も美味です。

刺身が切れると天ぷらに替わりますが売り切れはありません。

コレも売れてます!「とっとき焼きねぎ地味噌 550円」

食欲が加速する、ピリッと甘辛のおかず味噌。地味噌にネギがたっぷり入って、ごはんや冷や奴などにピッタリ!

とっとき焼きねぎ 地味噌 550円

日帰り入浴もできる道の駅 飯高駅。

A5ランクの松阪牛の牛丼や、味の染みた地元産のこんにゃくで作る、どいなか寿司は、発売以来大人気!

特産加工品も満載です。 道の駅 飯高駅(いいたかえき)

TEL/0598-46-1111

住所/松阪市飯高町宮前177

営業時間/7時30分~21時(フードコーナーは11時~19時)※施設で異なる

定休日/水(祝日の場合翌平日)

アクセス/伊勢道松阪ICより40分

駐車場/116台

「道の駅 飯高駅」の詳細はこちら

3. 道の駅 そばの郷らっせぃみさと【岐阜県恵那市】

喉ごしの良い絶品そばは打ちたて茹でたて!

天ざるそば

天ざるそば 1180円

1日の最高販売数100食

地元恵那産と信州産のそば粉を混ぜ、朝から手で打つ二八そば。

3月下旬から5月にかけて、ふきのとう、こしあぶら、たらの芽の順で春の味覚を天ぷらに。

コシがあってもっちりなのが特徴です。

混む日はそばを追加で打ってもらえるので安心。

コレも売れてます!「玉そば 6個入り470円」

二八そばの皮の中に、自慢のそばつゆをゼリー状にして包んだ饅頭グルメ。

つゆはとろ~り。わさびで味わって。

玉そば 6個入り470円

そばの郷らっせぃみさとはそば打ち体験ができる山間の道の駅。

そばソフトやそばをパリッと揚げた「パリそば」など、地元恵那産のそばを使うグルメが充実。

そば好きにはたまらない駅です。 道の駅 そばの郷らっせぃみさと

TEL/0573-28-3310

住所/恵那市三郷町佐々良木1461-1

営業時間/9時~18時(LO17時30分)

定休日/月(祝日の場合翌日)

アクセス/中央道恵那ICより10分

駐車場/50台

「道の駅 そばの郷らっせぃみさと」の詳細はこちら

4. 道の駅 瀬戸しなの【愛知県】

独特の食感と味がクセになる!?ヤミツキグルメ。

瀬戸焼そば

瀬戸焼そば 430円

1日の最高販売数300食

独特の食感の蒸し麺を、醤油ベースの豚の煮汁で焼き上げるご当地焼そば。

具材はキャベツと豚肉が主で、瀬戸焼の器に盛って出されます。

食べたらヤミツキになるという、瀬戸の味を味わって。

忙しい日は売り切れることもあるそうなので、14時頃までにお買い求めを。

コレも売れてます!「道の駅発!瀬戸カツ丼 780円」

カツの下にスパイシーなオニオンを忍ばせたオリジナル丼。

瀬戸焼そばの豚の煮汁を使った卵あんがたっぷりのっています。

道の駅発!瀬戸カツ丼 780円

道の駅 瀬戸しなのでは臭みの少ない瀬戸豚商品を取り揃え、駅内の食堂では、瀬戸豚カツサンドや瀬戸豚カツ定食が好評。

この地ならではの農産物や加工品も並び、お客が絶えません。 道の駅 瀬戸しなの

TEL/0561-41-3900

住所/瀬戸市品野町1-126-1

営業時間/9時~18時(レストラン8時30分~15時30分 ※土日祝~16時30分)

定休日/なし(年末年始を除く)

アクセス/東海環状道せと品野ICより10分

駐車場/71台

「道の駅 瀬戸しなの」の詳細はこちら

5. 道の駅 竜王かがみの里【滋賀県竜王町】

近江牛の旨みをギュッと凝縮したハンバーグ。

近江牛ハンバーグランチ

近江牛ハンバーグランチ 1400円

1日の最高販売数100食

滋賀県が誇るブランド牛、近江牛を使ったハンバーグが好評!

竜王の地元米のライスにスープ、サラダ付き。

その食感はふわふわで、肉の甘みが感じられます。

たっぷりのキノコと、醤油ソースがまとめ役になっています。

ランチだけでなく閉店までいつでも味わえるのも魅力!

コレも売れてます!「竜王カスク 500円」

滋賀短期大学の学生が考案、商品化。

近江牛を竜王の味噌で味つけし、ソテーした竜王産野菜と一緒にフランスパンへ。

竜王カスク 500円

パン、野菜、惣菜など、グルメが大充実している道の駅 竜王かがみの里。

イベントも多く、4月は苺狩りも! 道の駅 竜王かがみの里

TEL/0748-58-8700

住所/蒲生郡竜王町大字鏡1231-2

営業時間/9時~18時(レストラン11時~17時 ※LO16時30分)

定休日/火(7~9月はなし)

アクセス/名神竜王ICより10分

駐車場/100台

「道の駅 竜王かがみの里」の詳細はこちら

6. 道の駅 古今伝授の里やまと【岐阜県】

体のことを考えた女性に人気のヘルシーランチ。

おがたまヘルシーランチ

※メニューは月替わりのため価格・写真は撮影時のものです

おがたまヘルシーランチ 1030円(限定20食)

過去の最短完売時間/1時間

米、野菜、調味料など、地元産の食材にこだわった女性に人気の健康ランチ。

米に黒豆や雑穀米を混ぜるなど、体にやさしい食材を使っています。

スタッフもおすすめのヘルシーランチは、料理のバランスも味もお見事。

コレも売れてます!「ことといアイスクリームモナカ 300円」

1日最高750個を販売した看板アイス。

郡上伝統の小那比茶など、職人が地元の素材にこだわって作る甘さ控えめのアイスです。

ことといアイスクリームモナカ ことといアイスクリームモナカ

道の駅 古今伝授の里やまとは温泉に浸かれる大きな足湯を、売店、レストラン、パン屋、食事処などがぐるりと取り囲んでいます。

ランチや休憩で何を買おうか悩むほど食が充実。

直売所、温泉も隣接しています。 道の駅 古今伝授(こきんでんじゅ)の里(さと)やまと

TEL/0575-88-2525

住所/郡上市大和町剣164

営業時間/9時~18時・四季食彩レストランおがたま11時15分~14時

定休日/火(祝日の場合翌平日)

アクセス/東海北陸道ぎふ大和ICより10分

駐車場/237台

「道の駅 古今伝授の里やまと」の詳細はこちら

※今回の特集は愛知・三重・岐阜・静岡(西部)・長野(南信州)・滋賀にある道の駅にご協力いただき、これから紹介する項目にて「売れてるご当地グルメ」をFAXと電話でアンケート調査。

過去の最高販売数を記録したものや完売続出の限定品を中心にピックアップしました。

※この記事は2017年2月時点での情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

子どもと遊びに行く“コスパの良い”人気お出かけスポット【関東甲信越】
水遊びに大自然!子どもと遊びに行く静岡のお出かけスポット8選
名物餅を行脚しよう!赤福餅を代表とした餅街道を一挙紹介!【三重】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。