体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コスメが食べ物になっちゃった…!?消費社会への皮肉をこめたアート作品がおもしろい

Benjamin Henonフランスの写真家Benjamin Henonさんが製作した作品がとてもユニークなのでご紹介します♪

コスメなの?食べ物なの?

コスメが食べ物のように調理されるという、シュールなテーマのアート。
どうなってるの?と二度見してしまうようなリアルさで、一瞬脳が混乱してしまいます…!

コスメごとにユニークなイメージ

アートの細部までこだわりを持っているHenonさん。

それぞれのコスメに合わせた調理器具で、コスメが調理される様子がリアルに伝わってきますよね。
D&Gのボトルもこんなにぺったんこに~!

実は現代社会の問題を指摘

Henonさんによれば、これらのアートの製作背景には、大量生産やブランド品などの購入が当たり前となった現代の消費主義を皮肉った意味が込められているのだそう。
確かにどの作品も、ブランドもののコスメがいろいろな方法でつぶされたり、カットされたりしていますよね。

これらの他にも、たくさんのアーティスティックな作品を手掛けているHenonさん。

彼の作品が気になる方は、是非ホームページをチェックしてくださいね。

Benjamin Henon
http://www.benjaminhenon.com/leurredudjeuner

アート(まとめ)

生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。