ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

覆面パトカーは車種で交通取締り用か判別できる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
覆面パトカーは車種で交通取締り用か判別できる

覆面パトカーには交通取締り用と捜査用があります。幹線道路などで速度違反などを狙っているのが交通取締り用。ルーフの真ん中から電動で赤色灯が出てきます。街中を流しているのが捜査用の覆面パトカー。警察ドラマなどで車内から手を伸ばしてマグネット式の赤色灯を付けるタイプです。

交通取締り用の覆面パトカーの車種

交通機動隊員が乗り込み、幹線道路などで虎視眈々と違反者を狙っている交通取締り用の覆面パトカー。現在、最も見かける車種がトヨタ・200系クラウンと180系クラウン(通称:ゼロクラ)です。

交通取締り用覆面パトカーは、クルマの外観から見抜くことは至難の業。180系と200系のクラウンの場合、トランクリッドにグレードエンブレムがない場合は、覆面パトカーの可能性が極めて大です。

ただし、これを嫌った現場では「RoyalSaloon」のエンブレムを貼り付ける擬装行為が頻発。エンブレム有りの覆面パトカーも存在します。とはいえ、乗車している警官のヘルメットや青い制服姿ですぐに判別できるでしょう。

捜査用の覆面パトカーはマイナー

一方の捜査用の覆面パトカーは、いわば刑事たちの足代わりなので、交通取り締まりは行いません。車種もトヨタ・アリオンやスズキ・キザシといったマイナーな車種が多いのが特徴です。

ただし、トヨタ・マークXや日産・スカイラインといった交通取締り用の覆面パトカーと同じ車種を、捜査用として導入している警察本部もあります。刑事は2人組で動くため、車内にいかつい男性が乗車しているのが見分ける特徴でしょう。

なお、警視庁管内に生息するトヨタ・ハイエースには、交通課配備の覆面パトカーが存在。単なる輸送車ではなく、スピード以外の交通違反をガンガン取り締まっているのです。赤色灯を常時おでこに付けていますが、乗用車のルームミラーには映りにくい場所。車種ゆえに秘匿性が極めて高い覆面パトカーなのです。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。