体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フォルクスワーゲン ザ・ビートルをクローズアップ!【後編】

▲丸っこくて可愛らしいフォルムが特徴的なフォルクスワーゲン ザ・ビートル(現行型)。本記事では、よりお得に車を手に入れたい人向けに、オススメの中古車をご紹介しよう

▲丸っこくて可愛らしいフォルムが特徴的なフォルクスワーゲン ザ・ビートル(現行型)。本記事では、よりお得に車を手に入れたい人向けに、オススメの中古車をご紹介しよう

ガチンコライバルは3ドアハッチのミニ

ザ・ビートルは、何かと迷った末に選ぶというよりも、あのカタチを気に入って、または偉大なオリジナルに思いをはせてといった何らかの理由で指名買いされることが多いモデルだろう。だが、迷うとしたら、同じように偉大な先祖をもち、同じように現行だろうと先代だろうと(本質的に)大差なく、同じように3ドアハッチバックのミニじゃないだろうか。ミニが復活したのはビートル復活の2年後だが、販売台数が圧倒的に多いので、中古車を探すとなると、ミニの方がより幅広い選択肢から選ぶことができるはずだ。ビートルもミニも、カブリオレを選ぶこともできる。

よりサイズの小さい3ドアハッチバックに目を向けると、フィアット 500、アウディ A1、DSオートモビル(シトロエン) DS3あたりが存在する。いずれもザ・ビートルほどではないが、見た目から想像するよりは後席も広く、実用性は高い。ザ・ビートルにディーゼルさえあったら選んだのになあ……。

ザ・ビートルを魅力的だと思った方へ、オススメの中古車はこちら

さて、ここまでザ・ビートルをクローズアップしてきたが、ちょっと新車で買うには予算オーバー、なんて人や他のモデルも気になる、なんて人もいるのでは? そんな方に、自動車ライター塩見智と編集部員がオススメの中古車をセレクト。お得に手に入るこんなモデルはいかがだろうか。(※中古車価格帯、モデル流通量はともに3月22日時点のカーセンサーを参照)

DSオートモビル(シトロエン) DS3(現行型)

▲洗練されたデザインが印象的なDS3。男性が乗っても、女性が乗ってもかっこよくキマる1台だ

▲洗練されたデザインが印象的なDS3。男性が乗っても、女性が乗ってもかっこよくキマる1台だ

2010年に登場したシトロエン C3ベースの3ドアハッチバック。登場当初はシトロエン DS3だったが、途中でPSAがDSを独立したブランドに格上げしたため、現在は単にDS3を名乗る。デザインが秀逸なのと、流通している台数が少ないので、何年経っても飽きないのがいい。2014年を境にエンジン/トランスミッションが刷新されたので、できれば後期型をオススメするが、姿かたちを楽しむなら前期型でもOK。(塩見)

【中古車価格帯】80万~320万円

【モデル流通量】約110台

ランドローバー レンジローバーイヴォーク(現行型)

▲レンジローバーイヴォークには実は3ドアモデルもラインナップしており、クーペのように使うこともできる。中古車台数は少ないが、人とちょっと違った車狙いならオススメ

▲レンジローバーイヴォークには実は3ドアモデルもラインナップしており、クーペのように使うこともできる。中古車台数は少ないが、人とちょっと違った車狙いならオススメ

ザ・ビートルをクーペ的な使い方をするのであれば(実はカーセンサー上ではクーペに分類されている)、レンジローバーイヴォークのクーペモデルもオススメ。SUV専業メーカーのランドローバーにクーペを作らせてみると、文句なくカッコよく仕上がった。クーペの車高が低くないとダメだなんてルールはないのだ。ただ、人気があるのとタマ数が少ないため、総額400万円台~とまだ高いのがネック。(塩見)

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。