ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

授かり婚のはずが…10週で流産に。居場所を見失っていた私にかけられた義母の言葉

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasugu:20160829164102p:plain

数年前です。彼(現夫)とのデート中に異常なほど車酔いをするようになりました。今まで平気だった電車やバスで吐き気を催すように。

そういえば生理も来ていない…もしかして…と思い病院に行くと、案の定、赤ちゃんを授かっていました。彼も私も子供が大好きだったので、心から喜びました。

お互いの両親は厳しく、勘当も覚悟しましたが、話し合いなんとか結婚を認めてもらうことができました。 関連記事:入籍を控えた同棲中に妊娠が発覚。みんな喜んでくれるはず…が、私の両親が激怒!

私は持病があり、夫は仕事で多忙。もし私や赤ちゃんに何かあったら…と、夫の両親と同居させていただくことになりました。

着々と話は進み、結婚式や引越しの準備に明け暮れていた10週目。検診で内診をしていると、先生の動きが止まりました。

「動いてない…。心臓止まってる。流産だね」

今思えば、感情的にならないように淡々と言ってくれたのだと思いますが、とても冷たい言い方に聞こえました。

稽留流産でした。目の前が真っ白になりました。

先程まで座っていたお腹の大きな妊婦さんたちのいる待合室が、一瞬で地獄に変わりました。

数日後に手術をし、初めての妊娠は終わりました。

赤ちゃんがいなくなり、毎日泣きながらいろいろなことを考えました。

妊娠結婚について、私が毎日不安で泣いていたせいではないか。両親にすぐに認めてもらえず、赤ちゃんが必要とされていないと思ってしまったのでは。出血があったのに動いてしまったせいでは。

答えの見つからない悩みで、毎日毎日泣きました。

そして一番悩んだのは「このまま結婚して良いのか」ということです。

両家は、子供がいるから結婚を認めてくれたのではないか。子供がいるから同居してくれるのではないか。子供がいなければ、私は必要ないのではないか…。

予定通り結婚して同居が始まりましたが、自分の存在価値を見いだせず、半年後には精神科に通うまでになりました。

そんな時に義母がかけてくれた言葉があります。

「あの子は、両家を繋ぐためにやってきてくれた子なんだよ。しっかり役目を果たしてくれたじゃない」

そう、あの子がいたから私たちは夫婦になれたのです。自分のことでいっぱいいっぱいになっていましたが、私たちを繋いでくれたあの子に感謝しなければ。

いつまでも悲しんでいてはいけない。その時、初めて前を向くことができました。 関連記事:こんなお母さんになりたい! 産後の私を気づかい、実の親のように助けてくれる義母

今は無事長男を出産し、楽しく暮らしています。

いつか一緒にあの子の供養に行きたいです。

著者:うぃーと

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

順調なのが当たり前だと思ってた…。誰にでも起こりうる妊娠初期の流産
流産のつらさを救ってくれたのは、同じ経験者の「共感」でした by志乃
夫婦共に余裕がなく喧嘩ばかりだったあの頃。妊娠が判明するも、お空に帰ってしまい…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。