ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

家がなくても幸せ! “ホームレス”小谷さんが1日50円でも楽しく暮らせるワケ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
家がなくても幸せ! “ホームレス”小谷さんが1日50円でも楽しく暮らせるワケ

“夢のマイホーム”という言葉があるように、家は人に安定と幸せを与えてくれる場所として認知されています。しかしながら、それは果たして誰しもに当てはまることなのでしょうか? 家がなければ不幸なのでしょうか?

ラジオパーソナリティとしても活躍する小谷真理(こたに・まこと)さんには、現在「家」がありません。それでも“世界一幸せ”と言い切ります。そんな小谷さんに、“家なし”“金なし”の持たざる人生でも楽しく暮らせる理由について聞きました。

地球が家、人類みんな家族だと思えばつらくない

最近は、モノを持たずにシンプルに暮らす、ミニマルライフがブームになっています。もしかしたら、その究極の姿が、小谷さんなのかもしれません。

お笑い芸人として大阪で活動していた小谷さんは、4年前に大阪から東京に上京。しばらくの間、キングコングの西野亮廣さんの家に居候したそう。しかし、“お金にだらしない”と自認する小谷さんは、早速家賃を2度も滞納。それを機に、西野さんから「楽しそうだからホームレス、やってみれば?」と体よく(?)家を追い出されたんだとか。

以降は、ネットショップ『BASE』で、「自分の1日を50円で販売」しながら、TwitterやFacebookでその日に泊まらせてもらえる人を募集し、生活をしています。小谷さんの服や持ち物は、すべてそうして出会った人にもらったのだそう。とはいえ、ホームレス生活は、つらくはないのでしょうか?

「正直、つらいと感じることがないんですよね。僕は、“地球を家”だと思っているので」(小谷さん、以下同)

突拍子もない返答にたじろぎますが、冗談めかしているわけではないようです。

「でも、そう思うようになったのは、住む家がなくなってからなんですよね。世界の人と家族だと思っていて、そもそも、はじめましての人も抵抗がないんです。苦手な人もいないので。僕にとっては普通ですよ。逆に家がないことの不便ってなんですかね?」

家がないことの不便……プライバシーが守れないことや、休息の場所が確保できないことなどでしょうか……そう伝えてみたところ、「うーん、そういう不便さは感じないですね」。【画像1】「もし1日に注文が重なったらどうしますか?」と聞いてみると「楽しそうなほうを選びます」とのこと。あくまでも自分の心に正直に生きる、それが小谷さんの信条だ(写真撮影/末吉陽子)

【画像1】「もし1日に注文が重なったらどうしますか?」と聞いてみると「楽しそうなほうを選びます」とのこと。あくまでも自分の心に正直に生きる、それが小谷さんの信条だ(写真撮影/末吉陽子)

そう語る小谷さんですが、じつは既婚者。妻は名古屋在住で、もともとは「1日50円」の購入者だったそう。

「地球が家だと考えれば、距離とかあんまり関係ない。ひとつ屋根の下に暮らしたくなったり、子どもができたりして拠点になるベースが必要になったら、そのときに考えればいいですよね。結婚したからって一緒に住まなきゃいけないルールはない。みんなが考えすぎだと思うんです」

“恩をまわして暮らす”生き方

これだけ聞くと、ただ漫然と周囲を頼って暮らしていると思いがちですが、小谷さんは“恩をまわして暮らす”ことを大事にしています。具体的にどのような暮らしなのでしょうか?

「1日50円で草むしりしたり、買い物に付き合ったり、鬼ごっこの相手をしたり、全力で動いています。でも、50円で朝から晩まで働かしたら悪いなと思ってくれるのか、皆ご飯をご馳走してくれるんです。僕、寿司が大好きなんですけど、ホームレスになってからのほうが食べてますからね。なんなら、15キロ太りましたから」

そんな小谷さんの武器は、TwitterとFacebook。「腹減った」とつぶやけば、ご馳走してくれる人が現れ、泊まるところを心配してくれる人から「ウチにおいで」とメッセージが届きます。現代のコミュニケーションツールがあってこそ成り立つ生活スタイルといえそうですが、相手は見ず知らずの他人。人間を心から信頼していなければできないことです。【画像2】この日の取材でも、小谷さんをTwitterでフォローしているという人に遭遇。その場で、50円取り引きが成立。一緒に何をするかは未定とのこと(写真撮影/末吉陽子)

【画像2】この日の取材でも、小谷さんをTwitterでフォローしているという人に遭遇。その場で、50円取り引きが成立。一緒に何をするかは未定とのこと(写真撮影/末吉陽子)

最後に、「どんな家だったら住んでみたいと思いますか?」 と聞くと、

「ハウルの動く城とかだったらいいなと思いますけどね。動きながらいろんなところに行って、いろんな人と出会いたいです」

やはりブレない。自由だけど人の縁を大事にする、常識にとらわれずゼロから行動、家を持つことがゴールではなく、どう生きたいのかを大事にしている小谷さん。それがひいては幸せな生き方につながっているのかもしれません。●取材協力

小谷真理(こたに・まこと)さん Twitter

1983年兵庫県生まれ。 大阪でお笑い芸人として活動していたが、2013年に解散。上京後、キングコング西野亮廣氏の家に居候。4万円の家賃を2カ月連続で滞納し、家を追い出されホームレスになる。「地球が家!世界の人が家族!」を掲げ、ネットショップBASEにて『(株)住所不定』を立ち上げ、自分の1日を50円で売り、“何でも屋さん”として活動中。

※記事公開時のタイトルの「芸人」という表記が誤りだったため、3月25日15時30分ごろ修正しました。お詫びして訂正いたします。
元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2017/03/130439_main.jpg
住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

関連記事リンク(外部サイト)

マイホームお披露目会。そこで起こった悲劇とは!?
ママカーストは都市伝説? ただしおつきあいには「ルール」あり
住宅ローンや家計のこと、誰かに相談したい! 誰に聞けばいい?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。