ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

オーストラリアに行くならジェットスターが便利

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
オーストラリアに行くならジェットスターが便利

格安航空会社というと、韓国・台湾・香港・中国などの近距離路線をイメージしがち。しかし、シンガポールやオーストラリアなどへの直行便もあります。とくにオーストラリアのゴールドコーストへは、格安航空会社のジェットスターしか直行便がありません。しかもツアーも格安で販売されているのです。

格安航空会社だけが直行便を運航

世界有数のビーチリゾート、オーストラリアのゴールドコーストへは、格安航空会社のジェットスターしか直行便が飛んでいません。成田~ゴールドコーストへは毎日便があり、所要時間は約9時間。直行便で大手より便利で格安です。

価格例を見てみると、東京~ゴールドコーストの移動距離約8,145kmが、カンタス航空が約112,000円(往復)のところ、ジェットスターは36,000円~(片道)。しかも、ゴールドコーストへの直行便はジェットスターだけです。

大手航空会社では、乗り継ぎが必要で不便。JALの直行便もありますが、実際はジェットスターのコードシェア便です。ジェットスターなら格安で8,000km先まで1本で飛べるというわけです。

さらに、ジェットスターの公式サイトでは、航空券+宿泊のツアーも販売。別々に申し込むより断然安いツアーが揃っています。具体的には、ゴールドコースト5日間が93,800円~となっています。

格安航空会社でヨーロッパに行ける

このほか、2017年6月から格安航空会社の新路線が誕生。スクートのシンガポール~アテネ便です。所要約11時間という格安航空会社の最長路線。週4便(火・木・土・日)の運航で、機内サービスも充実です。

この格安航空会社を活用すれば、アジアとヨーロッパの2都市滞在が可能。シンガポールを経由してヨーロッパまで格安航空会社で行けるのです。シンガポールで最先端のホテルライフを堪能した後、アテネで世界遺産を観光できます。

価格例は、東京~シンガポールが13,000円(片道)、シンガポール~ギリシャ・アテネが約32,600円(片道)となっています。さらに、アテネから乗り継いでヨーロッパの周遊旅行も可能です。

なお、最近は大手航空会社のヨーロッパへの直行便も価格が値下がり傾向にあります。時期によっては、往復3万円~と激安なのでそちらも要チェックです。

関連記事リンク(外部サイト)

飛行機の荷物が優先的に出てくるテクニック
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用
飛行機の座席はどこに座るのが一番安全なのか?
国内線が格安!60%オフでもキャンセル料500円
スカイマーク「いま得」がLCCよりお得な理由

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。