ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Microsoft、Android向けノート作成アプリ「OneNote Mobile for Android」を海外のAndroidマーケットで提供開始(日本語には対応済み)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

MicrosoftがAndroid向けノート作成・編集アプリ「OneNote Mobile for Android」をリリースしました。日本では提供されていませんが、アプリそのものは日本語表示に対応しています。そのうち日本でも提供されるのではないでしょうか。対応機種はAndroid 2.3以上を搭載した端末。このアプリではテキスト、写真、箇条書き、チェックボックスをノートに含めることができるので、単なるテキストメモはもちろん、写真付きメモやToDoリストを作成することもできます。Microsoftのクラウドストレージ「SkyDrive」と同期する機能を搭載しており、作成したノートをSkyDrive上にアップロード、オンラインエディタの「OneNote Web App」で閲覧・編集すること、SkyDrive上のOneNote文書をAndroidで閲覧・編集することもできます。アプリ自体は無料で提供されており、インストール後は”無料版”として機能します。利用するにはWindows Liveアカウントが必要(hotmail.com、live.jpなど)。無料版ではノートの作成と編集が最大500件までという上限が設定されていますが、アプリ内課金でアップグレードすれば制限はなくなります(価格は$4.99)。「OneNote Mobile for Android」(マーケットリンク)※今のところ国内端末にはインストール できません。Market Enablerを使って米国キャリアを装うとインストールできます。


(juggly.cn)記事関連リンク
Motorola、MOTOACTVの機能拡張アップデートを3月7日に予定
Android版ChromeブラウザはFlash Playerに非対応
Seesmic for Androidがv1.7.3似アップデート、Twitterの認証エラー問題を修正、Google Buzzがサポート外に、

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。